台湾博物館(2018/04/01)「台湾通信」台湾先住民の歴史をオーラルヒストリ―でーー菊池一隆・愛知学院大学文学部教授(2回目

  • 01 April, 2018
  • 早田 健文
菊池一隆2

インタビュー

菊池一隆(2回目)

「台湾先住民の歴史をオーラルヒストリ―で」

 

国共内戦で国民党軍に参加した国共内戦を戦ったタイヤル族

日本、国民党、共産党。誰のために戦ったのか

国民党による政治的抑圧、「白色テロ」の犠牲となったタイヤル族

 

台湾先住民の歴史研究の基礎となったオーラルヒストリ―

北部タイヤル族男性と日本人女性の結婚

 

抗日戦争の研究から台湾先住民研究へ

 

日本人の台湾理解、日本の戦争史理解に欠かせない台湾先住民

台湾先住民の歴史研究、今後の方向は

  

こうした内容についてお話をうかがいました。

 

【 菊池一隆さんのプロフィール】

愛知学院大学文学部教授

抗日戦争、台湾先住民、華僑などを研究対象とする

 

台湾に関する著書に、2017年に出版された台湾先住民の歴史に関する2冊がある

・『台湾北部タイヤル族から見た近現代史―日本植民地時代から国民党政権時代の「白色テロ」へ』(2017年、集広舎)

・『台湾原住民オーラルヒストリー』(2017年、集広舎)

 

*******************************************

民進党の蔡英文政権発足からまもなく2年、台湾独立支持は50%か38%に減少(民進党系の台湾民意基金会の調査で)

両岸統一支持は20.1%、現状維持支持は24.1

 

台湾独立支持はこの10年で最低、両岸統一支持はこの10年で最高(遠見雑誌の調査で)

「台湾独立」賛成は21.1%(昨年23.4%)

「両岸統一」支持は14.8%(昨年9.3%)