台湾博物館(2017/07/16) 「台湾通信」 ―台湾の概説書『台湾を知るための60章』の編著者に聞く―赤松美和子さん

  • 16 July, 2017
  • 早田 健文
赤松美和子2
赤松5

インタビュー  赤松美和子さん

 

台湾文学・映画研究者、大妻女子大学比較文化学部准教授

『台湾を知るための60章』(明石書店、2016年)の編著者

 

多くの研究者が集まって執筆した台湾の概説書である『台湾を知るための60章』が、昨年、出版された。この本の編集者である赤松美和子さんにお話をうかがった。

 

この本が誕生した経緯、内容などを紹介いただくと共に、赤松さんの専攻である台湾の文学・映画について、興味を持つようになったきっかけ、現状などについてもうかがった。台湾研究のおもしろさが伝わってくる。

 

また、最近の日本人の台湾に対する親近感の高まりと、その割に進んでいない台湾に対する認識、そして赤松さんの学生さんたちの台湾とのかかわりなどもお話しいただいた。

 

(インタビューアー 早田)

 

 

関連のメッセージ