:::

フォト台湾

与党・民進党の桃園市長選挙の公認候補・鄭運鵬氏(前列左から3人目)が24日夜、八徳区で決起集会を行い、民進党の党首を兼務する、蔡英文・総統(前列左から4人目)、桃園市の鄭文燦・市長(前列左から2人目)ら民進党の大物政治家が勢揃いをして参加した。(写真:CNA)
与党・民進党の桃園市長選挙の公認候補・鄭運鵬氏(前列左から3人目)が24日夜、八徳区で決起集会を行い、民進党の党首を兼務する、蔡英文・総統(前列左から4人目)、桃園市の鄭文燦・市長(前列左から2人目)ら民進党の大物政治家が勢揃いをして参加した。(写真:CNA)
台湾北部・台北市にある中華民国の建国の父である、孫文博士のメモリアルホールである、国立国父紀念館の王蘭生・館長(左から三人目)は、台湾と日本のさらなる友好と交流を促進するため、21日、同館の展覧組(部)の楊得聖・組長(部長、右から2人目)、同館の研究典蔵(研究・収蔵)組の鍾文博・研究員(右)を含む代表団を率いて、日本の神奈川県横浜市にある横浜中華学院を訪問した。国父紀念館の代表が横浜中華学院を訪れるのは初めて。左は横浜中華学院の関廣佳・副理事長。(写真:国父記念館提供/CNA)
台湾北部・台北市にある中華民国の建国の父である、孫文博士のメモリアルホールである、国立国父紀念館の王蘭生・館長(左から三人目)は、台湾と日本のさらなる友好と交流を促進するため、21日、同館の展覧組(部)の楊得聖・組長(部長、右から2人目)、同館の研究典蔵(研究・収蔵)組の鍾文博・研究員(右)を含む代表団を率いて、日本の神奈川県横浜市にある横浜中華学院を訪問した。国父紀念館の代表が横浜中華学院を訪れるのは初めて。左は横浜中華学院の関廣佳・副理事長。(写真:国父記念館提供/CNA)