:::

フォト台湾

立法院外交及び国防委員会が24日、国家安全局の陳明通・局長、外交部の呉釗燮・部長、行政院大陸委員会の邱垂正・副主任委員を招いて「G20終了後の国際関係の変化が我が国の安全保障に及ぼす影響」について報告させ、質疑に答えさせた。呉釗燮・外交部長は報告の中で、アメリカと日本などの重要な民主主義国家が台湾海峡の平和と安定を重視する立場は変わっていないが、中国はロシア・ウクライナ戦争と朝鮮半島の核兵器の脅威を外交手段として利用し、西側陣営の団結を破壊しようとすると指摘した。(写真:RTI)
立法院外交及び国防委員会が24日、国家安全局の陳明通・局長、外交部の呉釗燮・部長、行政院大陸委員会の邱垂正・副主任委員を招いて「G20終了後の国際関係の変化が我が国の安全保障に及ぼす影響」について報告させ、質疑に答えさせた。呉釗燮・外交部長は報告の中で、アメリカと日本などの重要な民主主義国家が台湾海峡の平和と安定を重視する立場は変わっていないが、中国はロシア・ウクライナ戦争と朝鮮半島の核兵器の脅威を外交手段として利用し、西側陣営の団結を破壊しようとすると指摘した。(写真:RTI)
外交部(外務省)の呉釗燮・部長(大臣、右)が8月31日、フランスの雑誌「Politique Internationale」の単独インタビューを受けた。呉釗燮・部長は、インタビューの中で、中国が台湾を侵犯する可能性について、台湾は国家の主権、自由、民主主義を守り、政府も国土の安全を守るため、万全な準備をすると述べた。インタビューの内容は、11月に発行される秋季号に掲載された。(写真:外交部提供)
外交部(外務省)の呉釗燮・部長(大臣、右)が8月31日、フランスの雑誌「Politique Internationale」の単独インタビューを受けた。呉釗燮・部長は、インタビューの中で、中国が台湾を侵犯する可能性について、台湾は国家の主権、自由、民主主義を守り、政府も国土の安全を守るため、万全な準備をすると述べた。インタビューの内容は、11月に発行される秋季号に掲載された。(写真:外交部提供)
今年のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が閉幕した。国家発展委員会と外交部は24日、行政院の閣議で「首脳会議の総まとめ」と「閣僚会議」について報告した。報告を受けた行政院の蘇貞昌・院長は、関連省庁に対して、APECというプラットフォームを通じてCPTPP(環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定)の加盟国との連絡を保ち、台湾によるCPTPP参加への支持を取り付けるよう指示した。(写真:行政院提供)
今年のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が閉幕した。国家発展委員会と外交部は24日、行政院の閣議で「首脳会議の総まとめ」と「閣僚会議」について報告した。報告を受けた行政院の蘇貞昌・院長は、関連省庁に対して、APECというプラットフォームを通じてCPTPP(環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定)の加盟国との連絡を保ち、台湾によるCPTPP参加への支持を取り付けるよう指示した。(写真:行政院提供)