:::

フォト台湾

最近、台湾における新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せ、感染確認者と自宅療養者が大幅に減っていることから、台湾鉄道では7月1日から列車番号418と427の自強號の運行を再開。7月13日からは、区間車と呼ばれる通勤列車29本と指定席の列車9本の運行を再開する。写真は特急列車「自強号」。(写真:CNA)
最近、台湾における新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せ、感染確認者と自宅療養者が大幅に減っていることから、台湾鉄道では7月1日から列車番号418と427の自強號の運行を再開。7月13日からは、区間車と呼ばれる通勤列車29本と指定席の列車9本の運行を再開する。写真は特急列車「自強号」。(写真:CNA)
台湾の4日の新型コロナ市中感染者は2万3,045人だった。一週間に2万5,000人という入国者制限がいつ緩和されるのかについて中央感染状況指揮センターの荘人祥・報道官(写真)は、台湾でも空港や港湾などでオミクロン変異株BA.4、BA.5が検出されていること、夏休みに人の流れが増えることなどをふまえ、一週間に2万5,000人という入国者制限ならびにマスクの着用を維持すると説明した。今後は、一週間単位で順次検討する予定だ。(写真:指揮センター提供)
台湾の4日の新型コロナ市中感染者は2万3,045人だった。一週間に2万5,000人という入国者制限がいつ緩和されるのかについて中央感染状況指揮センターの荘人祥・報道官(写真)は、台湾でも空港や港湾などでオミクロン変異株BA.4、BA.5が検出されていること、夏休みに人の流れが増えることなどをふまえ、一週間に2万5,000人という入国者制限ならびにマスクの着用を維持すると説明した。今後は、一週間単位で順次検討する予定だ。(写真:指揮センター提供)
マカオ特別行政区は6月29日と7月1日、台湾産マンゴーから新型コロナウイルスを検出されたとした。台湾の対中国大陸政策を担う、行政院(=内閣)の大陸委員会、農業委員会はそれぞれ円滑な貿易を維持するため、国際ルールに則った科学的で適切なリスク管理を行うよう、求めている。(写真:農業委員会提供)
マカオ特別行政区は6月29日と7月1日、台湾産マンゴーから新型コロナウイルスを検出されたとした。台湾の対中国大陸政策を担う、行政院(=内閣)の大陸委員会、農業委員会はそれぞれ円滑な貿易を維持するため、国際ルールに則った科学的で適切なリスク管理を行うよう、求めている。(写真:農業委員会提供)
公平交易委員会(=公正取引委員会)は4日、2021年のネットワークビジネス(連鎖販売取引)の事業展開状況調査の結果を発表した。最も販売数が多かったのは栄養食品類で、全体の65.64%を占め、売上高は計701億2,800万元(約3,200億円)、次いで美容ケア商品が18.45%を占め、売上高は197億1,800万元(約900億円)だった。(写真:Rti)
公平交易委員会(=公正取引委員会)は4日、2021年のネットワークビジネス(連鎖販売取引)の事業展開状況調査の結果を発表した。最も販売数が多かったのは栄養食品類で、全体の65.64%を占め、売上高は計701億2,800万元(約3,200億円)、次いで美容ケア商品が18.45%を占め、売上高は197億1,800万元(約900億円)だった。(写真:Rti)
台湾の在来線・台湾鉄道は、車種の単純化を図るため、6月29日に大幅なダイヤ改正を行った。その影響を受け、50年間も運行されてきた、車体が鮮やかなオレンジ色で、折りたたみ式手動ドアを使う古い「莒光号」が正式に引退した。6月29日午後3時38分、列車番号521の「莒光号」は、北部の港町、基隆市の七堵駅から出発、夜10時54分終着駅の新左営駅(南部・高雄市)に到着した。多くの鉄道マニアが見守る中、列車番号521の「莒光号」は最後の任務を全うした。(写真:CNA)
台湾の在来線・台湾鉄道は、車種の単純化を図るため、6月29日に大幅なダイヤ改正を行った。その影響を受け、50年間も運行されてきた、車体が鮮やかなオレンジ色で、折りたたみ式手動ドアを使う古い「莒光号」が正式に引退した。6月29日午後3時38分、列車番号521の「莒光号」は、北部の港町、基隆市の七堵駅から出発、夜10時54分終着駅の新左営駅(南部・高雄市)に到着した。多くの鉄道マニアが見守る中、列車番号521の「莒光号」は最後の任務を全うした。(写真:CNA)
台湾の在来線・台湾鉄道は、車種の単純化を図るため、6月29日に大幅なダイヤ改正を行った。その影響を受け、50年間も運行されてきた、車体が鮮やかなオレンジ色で、折りたたみ式手動ドアを使う古い「莒光号」が正式に引退した。6月29日午後3時38分、列車番号521の「莒光号」は、北部の港町、基隆市の七堵駅から出発、夜10時54分終着駅の新左営駅(南部・高雄市)に到着した。多くの鉄道マニアが見守る中、列車番号521の「莒光号」は最後の任務を全うした。(写真:CNA)
台湾の在来線・台湾鉄道は、車種の単純化を図るため、6月29日に大幅なダイヤ改正を行った。その影響を受け、50年間も運行されてきた、車体が鮮やかなオレンジ色で、折りたたみ式手動ドアを使う古い「莒光号」が正式に引退した。6月29日午後3時38分、列車番号521の「莒光号」は、北部の港町、基隆市の七堵駅から出発、夜10時54分終着駅の新左営駅(南部・高雄市)に到着した。多くの鉄道マニアが見守る中、列車番号521の「莒光号」は最後の任務を全うした。(写真:CNA)
台湾の在来線・台湾鉄道は、車種の単純化を図るため、6月29日に大幅なダイヤ改正を行った。その影響を受け、50年間も運行されてきた、車体が鮮やかなオレンジ色で、折りたたみ式手動ドアを使う古い「莒光号」が正式に引退した。6月29日午後3時38分、列車番号521の「莒光号」は、北部の港町、基隆市の七堵駅から出発、夜10時54分終着駅の新左営駅(南部・高雄市)に到着した。多くの鉄道マニアが見守る中、列車番号521の「莒光号」は最後の任務を全うした。(写真:CNA)
台湾の在来線・台湾鉄道は、車種の単純化を図るため、6月29日に大幅なダイヤ改正を行った。その影響を受け、50年間も運行されてきた、車体が鮮やかなオレンジ色で、折りたたみ式手動ドアを使う古い「莒光号」が正式に引退した。6月29日午後3時38分、列車番号521の「莒光号」は、北部の港町、基隆市の七堵駅から出発、夜10時54分終着駅の新左営駅(南部・高雄市)に到着した。多くの鉄道マニアが見守る中、列車番号521の「莒光号」は最後の任務を全うした。(写真:CNA)
毎年の5月と6月は台湾の梅雨のシーズン。中央気象局予報センターの呂国臣・主任によると、今年の梅雨のシーズンだった5月と6月は、気温が例年に比べてやや低く、5月の日照時間は、記録があって以来の5月としての最低を記録した。平均気温は26.2℃だった。今年は、2000年以来(過去22年来)、5月の気温が最も低い年となった。(写真:中央気象局の映像のスクリーンショット)
毎年の5月と6月は台湾の梅雨のシーズン。中央気象局予報センターの呂国臣・主任によると、今年の梅雨のシーズンだった5月と6月は、気温が例年に比べてやや低く、5月の日照時間は、記録があって以来の5月としての最低を記録した。平均気温は26.2℃だった。今年は、2000年以来(過去22年来)、5月の気温が最も低い年となった。(写真:中央気象局の映像のスクリーンショット)
中央気象局は2日、大雨特別警報を出し、台南以北、中部・南投県、南東部・台東地区、およびその他の山間部では大雨が降る可能性があるとして、落雷、突風、川の増水などを注意するよう警戒を呼びかけた。(写真:CNA)
中央気象局は2日、大雨特別警報を出し、台南以北、中部・南投県、南東部・台東地区、およびその他の山間部では大雨が降る可能性があるとして、落雷、突風、川の増水などを注意するよう警戒を呼びかけた。(写真:CNA)
台北市立動物園では再び新しい命が誕生した。台北市立動物園は、日本の北海道釧路市動物園からやってきたタンチョウの「KIKA」と「BIG」は来台11年後、今年ついに繁殖に成功したと発表した。写真は、タンチョウの親子。(写真:台北市立動物園提供)
台北市立動物園では再び新しい命が誕生した。台北市立動物園は、日本の北海道釧路市動物園からやってきたタンチョウの「KIKA」と「BIG」は来台11年後、今年ついに繁殖に成功したと発表した。写真は、タンチョウの親子。(写真:台北市立動物園提供)
台北市立動物園では再び新しい命が誕生した。台北市立動物園は、日本の北海道釧路市動物園からやってきたタンチョウの「KIKA」と「BIG」は来台11年後、今年ついに繁殖に成功したと発表した。写真は、タンチョウのヒナ。(写真:詹徳川撮影/台北市立動物園提供)
台北市立動物園では再び新しい命が誕生した。台北市立動物園は、日本の北海道釧路市動物園からやってきたタンチョウの「KIKA」と「BIG」は来台11年後、今年ついに繁殖に成功したと発表した。写真は、タンチョウのヒナ。(写真:詹徳川撮影/台北市立動物園提供)
7月1日は香港の主権が中国大陸に移管されてから25年の日。台湾の対中国大陸政策を担う、行政院大陸委員会(略称:陸委会)は1日、香港主権移管後、自由と民主主義が急速に消え、一国両制度が形を崩し、変形してしまったと指摘した。行政院(=内閣)の蘇貞昌・院長(=首相)も中国のいわゆる「一国両制度」は検証に耐えられないものだと批判した。(写真:RTI)
7月1日は香港の主権が中国大陸に移管されてから25年の日。台湾の対中国大陸政策を担う、行政院大陸委員会(略称:陸委会)は1日、香港主権移管後、自由と民主主義が急速に消え、一国両制度が形を崩し、変形してしまったと指摘した。行政院(=内閣)の蘇貞昌・院長(=首相)も中国のいわゆる「一国両制度」は検証に耐えられないものだと批判した。(写真:RTI)
蔡英文・総統(写真)が6月30日に行われた、自由主義(リベラリズム)政党の国際組織である「自由主義インターナショナル」に送ったビデオ演説の中で、権威主義国家の勢力拡張に直面している民主主義国家は、一致団結しなければならないと呼びかけた。(写真:ビデオメッセージのスクリーンショット)
蔡英文・総統(写真)が6月30日に行われた、自由主義(リベラリズム)政党の国際組織である「自由主義インターナショナル」に送ったビデオ演説の中で、権威主義国家の勢力拡張に直面している民主主義国家は、一致団結しなければならないと呼びかけた。(写真:ビデオメッセージのスクリーンショット)
衛生福利部疾病管制署(台湾CDC)が6月30日、今年5月にサル痘の感染が拡大して以降、世界各国における感染者数と影響を受けた国が急増していると指摘、30日から市中感染が発生している、または感染経路不明の感染が多発している44ヶ国に対する、海外旅行感染症アドバイスを第二級の「警戒(Alert)」に引き上げ、防護措置の強化を求めると発表した。(写真:Pixabay)
衛生福利部疾病管制署(台湾CDC)が6月30日、今年5月にサル痘の感染が拡大して以降、世界各国における感染者数と影響を受けた国が急増していると指摘、30日から市中感染が発生している、または感染経路不明の感染が多発している44ヶ国に対する、海外旅行感染症アドバイスを第二級の「警戒(Alert)」に引き上げ、防護措置の強化を求めると発表した。(写真:Pixabay)