:::

フォト台湾

日本の岸田文雄首相が12日、ヨーロッパ連合(EU)のミシェル大統領、フォンデアライエン欧州委員長と会談し、共同声明を発表した。共同声明の中には、台湾海峡の平和と安定、両岸問題の平和解決の重要性が盛り込まれている。これについて、外交部は13日、歓迎と感謝の意を表すると共に、それは、台湾海峡の平和と安定維持は、すでに民主主義国家のコンセンサスになっていることを示していると指摘した。(写真:RTI)
日本の岸田文雄首相が12日、ヨーロッパ連合(EU)のミシェル大統領、フォンデアライエン欧州委員長と会談し、共同声明を発表した。共同声明の中には、台湾海峡の平和と安定、両岸問題の平和解決の重要性が盛り込まれている。これについて、外交部は13日、歓迎と感謝の意を表すると共に、それは、台湾海峡の平和と安定維持は、すでに民主主義国家のコンセンサスになっていることを示していると指摘した。(写真:RTI)
中央気象局の鄭明典・局長が14日、フェイスブックに投稿し、海上にある対流活動の活発域が台湾の中南部に次第に影響を及ぼすと警告を発し、中央気象局の謝佩芸・予報士もそれが台湾に接近すると弱まるが、中南部には集中豪雨をもたらす恐れがあるとして警戒を呼び掛けている。(写真:鄭明典・局長のフェイスブックより)
中央気象局の鄭明典・局長が14日、フェイスブックに投稿し、海上にある対流活動の活発域が台湾の中南部に次第に影響を及ぼすと警告を発し、中央気象局の謝佩芸・予報士もそれが台湾に接近すると弱まるが、中南部には集中豪雨をもたらす恐れがあるとして警戒を呼び掛けている。(写真:鄭明典・局長のフェイスブックより)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が14日、台湾における新型コロナウイルスの新規感染者が6万4,041人増えたと発表した。そのうち、新規市中感染者が63,964人、死者が40人、海外からの感染者が77人だった。死者40人は、20代から90代以上の男性16人、女性24人、そのうち、38人は基礎疾患があり、15人は新型コロナワクチンを接種していなかった。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が14日、台湾における新型コロナウイルスの新規感染者が6万4,041人増えたと発表した。そのうち、新規市中感染者が63,964人、死者が40人、海外からの感染者が77人だった。死者40人は、20代から90代以上の男性16人、女性24人、そのうち、38人は基礎疾患があり、15人は新型コロナワクチンを接種していなかった。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が14日、台湾では新型コロナウイルスの市中感染が広がっており、中等症と重症患者を減らすため、5月16日から、満65歳以上の高齢者、長期ケア施設の入居者、病状が安定している満18歳の免疫不全疾患の患者と免疫力低下の患者に対して新型コロナワクチンの四回目接種(二回目の追加接種)を実施することを決めた。これらの人たちが、三回目の接種を受けてから五か月経てば5月16日から四回目の接種を受けるこが可能になる。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が14日、台湾では新型コロナウイルスの市中感染が広がっており、中等症と重症患者を減らすため、5月16日から、満65歳以上の高齢者、長期ケア施設の入居者、病状が安定している満18歳の免疫不全疾患の患者と免疫力低下の患者に対して新型コロナワクチンの四回目接種(二回目の追加接種)を実施することを決めた。これらの人たちが、三回目の接種を受けてから五か月経てば5月16日から四回目の接種を受けるこが可能になる。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が13日、台湾における新型コロナウイルスの新規市中感染者が6万4,972人、コロナによる死者が41人増えたと発表した。コロナによる死者が単日41人増えたのは、今年に入って初めて。写真は、死者41人の病状を説明する指揮センターの陳時中・指揮官。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が13日、台湾における新型コロナウイルスの新規市中感染者が6万4,972人、コロナによる死者が41人増えたと発表した。コロナによる死者が単日41人増えたのは、今年に入って初めて。写真は、死者41人の病状を説明する指揮センターの陳時中・指揮官。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
総統府の張惇涵・報道官(写真)が13日に明らかにしたところによると、蔡・総統は13日、関係者を集め、新型コロナウイルスの感染状況に対する予測、防疫対策と関連措置、感染症対応物資等の備蓄状況調査、医療提供体制の整備などについて討論を繰り広げ、感染状況が比較的深刻な北部・新北市、台北市、桃園市、基隆市に大きな検査場を優先的に設置するなどの三つの原則を指示した。(写真:RTI)
総統府の張惇涵・報道官(写真)が13日に明らかにしたところによると、蔡・総統は13日、関係者を集め、新型コロナウイルスの感染状況に対する予測、防疫対策と関連措置、感染症対応物資等の備蓄状況調査、医療提供体制の整備などについて討論を繰り広げ、感染状況が比較的深刻な北部・新北市、台北市、桃園市、基隆市に大きな検査場を優先的に設置するなどの三つの原則を指示した。(写真:RTI)