:::

フォト台湾

日本の海部俊樹元首相(前列左)が亡くなったことを受け、外交部は14日、哀悼の意を表すると共に、自由、民主と世界の平和への海部元首相の貢献を称え、最高の敬意と謝意を表した。海部元首相は、2019年5月、日本で当時行政院長だった、現職の頼清徳・副総統(前列右)の表敬訪問を受けたことがあり、台日関係の強化にも力を入れていた。(写真:資料写真、CNA)
日本の海部俊樹元首相(前列左)が亡くなったことを受け、外交部は14日、哀悼の意を表すると共に、自由、民主と世界の平和への海部元首相の貢献を称え、最高の敬意と謝意を表した。海部元首相は、2019年5月、日本で当時行政院長だった、現職の頼清徳・副総統(前列右)の表敬訪問を受けたことがあり、台日関係の強化にも力を入れていた。(写真:資料写真、CNA)
海軍は14日、蔡英文・総統主催の下、台湾南部・高雄市左営にある海軍左営基地の水星ふ頭で「海軍-192艦隊機雷敷設大隊第一、第二機雷敷設艦中隊発足式」を行った。蔡・総統が機雷敷設艦部隊発足の命令を下した後、第一、第二機雷敷設艦中隊が正式に海軍に加わることになった。中華民国台湾が非対称戦争に臨む際の有力な武器になるよう期待が高まっている。(写真:総統府提供)
海軍は14日、蔡英文・総統主催の下、台湾南部・高雄市左営にある海軍左営基地の水星ふ頭で「海軍-192艦隊機雷敷設大隊第一、第二機雷敷設艦中隊発足式」を行った。蔡・総統が機雷敷設艦部隊発足の命令を下した後、第一、第二機雷敷設艦中隊が正式に海軍に加わることになった。中華民国台湾が非対称戦争に臨む際の有力な武器になるよう期待が高まっている。(写真:総統府提供)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が14日、台湾で新型コロナウイルスの新たな国内感染者が11人、海外からの感染者が57人増えた。新型コロナによる死者はゼロだったと発表した。新規国内感染者のうち、8人は台湾桃園国際空港のクラスターから派生した北部・桃園市の銀行におけるクラスターと関連がある。この銀行のクラスターですでに22人の感染が確認された。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が14日、台湾で新型コロナウイルスの新たな国内感染者が11人、海外からの感染者が57人増えた。新型コロナによる死者はゼロだったと発表した。新規国内感染者のうち、8人は台湾桃園国際空港のクラスターから派生した北部・桃園市の銀行におけるクラスターと関連がある。この銀行のクラスターですでに22人の感染が確認された。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
台湾の入院医療体制に余裕を持たせるため、台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」は14日、15日から、空港でのPCR検査で陽性反応が出た軽症の患者、または無症状の患者は、病院に搬送せず、強化版防疫ホテル、または強化版集中隔離施設に送る決定を明らかにした。写真は、台北医学大学付設病院の全方位ゼロ接触防疫介護システム。(写真:台北医学大学付設病院提供)
台湾の入院医療体制に余裕を持たせるため、台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」は14日、15日から、空港でのPCR検査で陽性反応が出た軽症の患者、または無症状の患者は、病院に搬送せず、強化版防疫ホテル、または強化版集中隔離施設に送る決定を明らかにした。写真は、台北医学大学付設病院の全方位ゼロ接触防疫介護システム。(写真:台北医学大学付設病院提供)
台湾のメディアは、消息筋の話を引用して、頼清徳・副総統が特使としてホンジュラスの新任大統領の就任式に参加する可能性を報じている。それについて聞かれた、総統府の張惇涵・報道官(写真)は14日、ホンジュラスの新任大統領の就任式に出席する人選が決まったら適時に発表すると述べるにとどまった。(写真:資料写真、RTI)
台湾のメディアは、消息筋の話を引用して、頼清徳・副総統が特使としてホンジュラスの新任大統領の就任式に参加する可能性を報じている。それについて聞かれた、総統府の張惇涵・報道官(写真)は14日、ホンジュラスの新任大統領の就任式に出席する人選が決まったら適時に発表すると述べるにとどまった。(写真:資料写真、RTI)