:::

フォト台湾

日本の自由民主党青年局が12日、台湾からの留学生20名あまりを党本部に招いて意見交換会を開いた。青年局で局長を務める小倉将信衆議院議員(写真中央)は「台日関係」と題して講演、留学生たちが台日交流を深める架け橋になるよう期待を寄せた。(写真:CNA)
日本の自由民主党青年局が12日、台湾からの留学生20名あまりを党本部に招いて意見交換会を開いた。青年局で局長を務める小倉将信衆議院議員(写真中央)は「台日関係」と題して講演、留学生たちが台日交流を深める架け橋になるよう期待を寄せた。(写真:CNA)
行政院が13日の閣議で「促進轉型正義條例」部分條文修正草案(「移行期の正義促進条例」部分条文改正草案)と「威權統治時期國家不法行為被害者權利回復條例(権威主義体制時代における国家の不法な行為の被害者権利回復条例)」草案を承認し、権威主義時代に国家の不法な行為のため、権利が侵害された被害者の権利を回復する賠償を行うことを決定した。(写真:行政院のフェイスブックより)
行政院が13日の閣議で「促進轉型正義條例」部分條文修正草案(「移行期の正義促進条例」部分条文改正草案)と「威權統治時期國家不法行為被害者權利回復條例(権威主義体制時代における国家の不法な行為の被害者権利回復条例)」草案を承認し、権威主義時代に国家の不法な行為のため、権利が侵害された被害者の権利を回復する賠償を行うことを決定した。(写真:行政院のフェイスブックより)
行政院は13日の閣議で「タバコの害防止制限法」部分条文改正草案を承認し、タバコに対する定義を条文に盛り込んだほか、電子タバコを含む新型タバコの製造、輸入、販売などを禁止する条文も新たに追加した。改正草案ではまた、タバコ箱にある警告文(タバコ警告表示)の面積をこれまでの35%から85%に引き上げ、タバコに花の香り、果物の香り、チョコレートなどの添加物を入れることを禁止し、タバコを吸っていい年齢をこれまでの18歳から20歳に引き上げた。(写真:Unsplash)
行政院は13日の閣議で「タバコの害防止制限法」部分条文改正草案を承認し、タバコに対する定義を条文に盛り込んだほか、電子タバコを含む新型タバコの製造、輸入、販売などを禁止する条文も新たに追加した。改正草案ではまた、タバコ箱にある警告文(タバコ警告表示)の面積をこれまでの35%から85%に引き上げ、タバコに花の香り、果物の香り、チョコレートなどの添加物を入れることを禁止し、タバコを吸っていい年齢をこれまでの18歳から20歳に引き上げた。(写真:Unsplash)
台湾南部・嘉義にある、嘉義空軍基地に配備されている、F-16V型戦闘機が11日、訓練を行った際、消息を絶った。国軍は、捜索・救助活動を続けている。蔡英文・総統は13日午前、嘉義に向かい、行方不明になったF-16V型戦闘機の捜索・救助に関する報告を受けると共に、パイロットの家族を訪問した。蔡・総統は、捜索・救助の徹底とスピードアップを指示した。(写真:総統府提供)
台湾南部・嘉義にある、嘉義空軍基地に配備されている、F-16V型戦闘機が11日、訓練を行った際、消息を絶った。国軍は、捜索・救助活動を続けている。蔡英文・総統は13日午前、嘉義に向かい、行方不明になったF-16V型戦闘機の捜索・救助に関する報告を受けると共に、パイロットの家族を訪問した。蔡・総統は、捜索・救助の徹底とスピードアップを指示した。(写真:総統府提供)
台湾北部の空の玄関口、台湾桃園国際空港のクラスターに起因する新型コロナウイルスの感染がさらに拡大した。桃園国際空港で手荷物カートの管理と整理を担当している感染者の妻である在宅介護職員(感染者番号17472)が訪れた、台湾北部・桃園市中壢区のある銀行の銀行員13人と銀行員の家族、計14人の感染も確認された。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
台湾北部の空の玄関口、台湾桃園国際空港のクラスターに起因する新型コロナウイルスの感染がさらに拡大した。桃園国際空港で手荷物カートの管理と整理を担当している感染者の妻である在宅介護職員(感染者番号17472)が訪れた、台湾北部・桃園市中壢区のある銀行の銀行員13人と銀行員の家族、計14人の感染も確認された。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
中央気象局が13日午前、低温注意報の範囲を拡大した。強い大陸性寒気団南下の影響を受けて18の県と市は、摂氏10度以下の低温に注意する必要があるという。台湾全域では、南東部の台東、南部の屏東、離島の澎湖と連江県だけが低温注意報の範囲から除外されている。なお、13日午前10時まで、台湾本島の平地における最低気温は、南部・嘉義県民雄郷と同南部・雲林県斗南鎮の摂氏9.1度だった。(写真:CNA)
中央気象局が13日午前、低温注意報の範囲を拡大した。強い大陸性寒気団南下の影響を受けて18の県と市は、摂氏10度以下の低温に注意する必要があるという。台湾全域では、南東部の台東、南部の屏東、離島の澎湖と連江県だけが低温注意報の範囲から除外されている。なお、13日午前10時まで、台湾本島の平地における最低気温は、南部・嘉義県民雄郷と同南部・雲林県斗南鎮の摂氏9.1度だった。(写真:CNA)