:::

フォト台湾

放射冷却の影響で、12月4日、台湾各地では朝から冷え込んでいる。北部・新竹県峨眉と北西部・苗栗県の農業改良場で今年の冬に入っての、平地における最低気温、摂氏5.9度が観測された。(写真:CNA)
放射冷却の影響で、12月4日、台湾各地では朝から冷え込んでいる。北部・新竹県峨眉と北西部・苗栗県の農業改良場で今年の冬に入っての、平地における最低気温、摂氏5.9度が観測された。(写真:CNA)
「新北市は今年、レゴブロック(LEGO。中国語では楽高)とコラボし、新北市板橋区の中山路と新府路の交差点にレゴブロックで作られた大きなサンタクロースを設置したほか、新北市役所のホールでレゴブロックの達人たちの作品を展示している(写真)。レゴブロックでミニバージョンの「新北歓楽耶誕城(クリスマスランド・イン・ニュー・タイペイ・シティ)を作る体験も出来る。(写真:CNA)
「新北市は今年、レゴブロック(LEGO。中国語では楽高)とコラボし、新北市板橋区の中山路と新府路の交差点にレゴブロックで作られた大きなサンタクロースを設置したほか、新北市役所のホールでレゴブロックの達人たちの作品を展示している(写真)。レゴブロックでミニバージョンの「新北歓楽耶誕城(クリスマスランド・イン・ニュー・タイペイ・シティ)を作る体験も出来る。(写真:CNA)
台湾北部・新北市が主催する毎年恒例の大規模なクリスマスイルミネーション「新北歓楽耶誕城(クリスマスランド・イン・ニュー・タイペイ・シティ)」が12月3日夜に始まり、盛大な点灯式が行われた。来年1月2日まで。(写真:CNA)
台湾北部・新北市が主催する毎年恒例の大規模なクリスマスイルミネーション「新北歓楽耶誕城(クリスマスランド・イン・ニュー・タイペイ・シティ)」が12月3日夜に始まり、盛大な点灯式が行われた。来年1月2日まで。(写真:CNA)
台湾北部・新北市が主催する毎年恒例の大規模なクリスマスイルミネーション「新北歓楽耶誕城(クリスマスランド・イン・ニュー・タイペイ・シティ)」が12月3日夜に始まり、盛大な点灯式が行われた。来年1月2日まで。メイン会場となる新北市板橋区の市民広場に高さ14メートルのレゴブロックのサンタクロースが設置されたほか、レゴブロックで作った3つのイルミネーションエリア「楽高耶誕城(レゴ・クリスマス・ランド)」、「楽高歓楽薑餅村(レゴ・ハッピー・ジンジャーブレッドビレッジ)」、「楽高耶誕奇幻小鎮(レゴ・クリスマス・マジックタウン)」、および周辺の歩道橋などを活用した7つのイルミネーション・トンネル、それに30か所のチェックインスポットもあり、クリスマスを華やかに盛り上げている。(写真:CNA)
台湾北部・新北市が主催する毎年恒例の大規模なクリスマスイルミネーション「新北歓楽耶誕城(クリスマスランド・イン・ニュー・タイペイ・シティ)」が12月3日夜に始まり、盛大な点灯式が行われた。来年1月2日まで。メイン会場となる新北市板橋区の市民広場に高さ14メートルのレゴブロックのサンタクロースが設置されたほか、レゴブロックで作った3つのイルミネーションエリア「楽高耶誕城(レゴ・クリスマス・ランド)」、「楽高歓楽薑餅村(レゴ・ハッピー・ジンジャーブレッドビレッジ)」、「楽高耶誕奇幻小鎮(レゴ・クリスマス・マジックタウン)」、および周辺の歩道橋などを活用した7つのイルミネーション・トンネル、それに30か所のチェックインスポットもあり、クリスマスを華やかに盛り上げている。(写真:CNA)
台湾北部・新北市が主催する毎年恒例の大規模なクリスマスイルミネーション「新北歓楽耶誕城(クリスマスランド・イン・ニュー・タイペイ・シティ)」が12月3日夜に始まり、盛大な点灯式が行われた。来年1月2日まで。メイン会場となる新北市板橋区の市民広場に高さ14メートルのレゴブロックのサンタクロースが設置されたほか、レゴブロックで作った3つのイルミネーションエリア「楽高耶誕城(レゴ・クリスマス・ランド)」、「楽高歓楽薑餅村(レゴ・ハッピー・ジンジャーブレッドビレッジ)」、「楽高耶誕奇幻小鎮(レゴ・クリスマス・マジックタウン)」、および周辺の歩道橋などを活用した7つのイルミネーション・トンネル、それに30か所のチェックインスポットもあり、クリスマスを華やかに盛り上げている。(写真:CNA)
台湾北部・新北市が主催する毎年恒例の大規模なクリスマスイルミネーション「新北歓楽耶誕城(クリスマスランド・イン・ニュー・タイペイ・シティ)」が12月3日夜に始まり、盛大な点灯式が行われた。来年1月2日まで。メイン会場となる新北市板橋区の市民広場に高さ14メートルのレゴブロックのサンタクロースが設置されたほか、レゴブロックで作った3つのイルミネーションエリア「楽高耶誕城(レゴ・クリスマス・ランド)」、「楽高歓楽薑餅村(レゴ・ハッピー・ジンジャーブレッドビレッジ)」、「楽高耶誕奇幻小鎮(レゴ・クリスマス・マジックタウン)」、および周辺の歩道橋などを活用した7つのイルミネーション・トンネル、それに30か所のチェックインスポットもあり、クリスマスを華やかに盛り上げている。(写真:CNA)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の医療応変組(部)の羅一鈞・副組長(副部長、写真)が3日、過去一週間に見つかった新型コロナウイルスの新規域外感染者のウイルスのゲノム解析の結果を明らかにした。それによると、過去一週間見つかった海外からの新型コロナウイルスの新たな感染者から変異株「デルタ株」を15例検出され、そのうち、一例は、新型コロナウイルスのデルタ株がさらに変異した、脅威の度合いの比較的高い「デルタプラス株」だった。これは、台湾で検出された、三例目の「デルタプラス株」感染例。世界保健機関(WHO)に「懸念される変異株」と指定され、世界各国で警戒が高まっている「オミクロン株」は、未検出。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の医療応変組(部)の羅一鈞・副組長(副部長、写真)が3日、過去一週間に見つかった新型コロナウイルスの新規域外感染者のウイルスのゲノム解析の結果を明らかにした。それによると、過去一週間見つかった海外からの新型コロナウイルスの新たな感染者から変異株「デルタ株」を15例検出され、そのうち、一例は、新型コロナウイルスのデルタ株がさらに変異した、脅威の度合いの比較的高い「デルタプラス株」だった。これは、台湾で検出された、三例目の「デルタプラス株」感染例。世界保健機関(WHO)に「懸念される変異株」と指定され、世界各国で警戒が高まっている「オミクロン株」は、未検出。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
海外で展開している台湾企業の台湾への回帰投資を促すために実施されている、「三大投資方案」が、台湾元1兆5,000億元(約日本円6兆円)という目標を前倒しして達成した。経済部(日本の経産省に相当)の王美花・部長(=大臣、写真)は3日、国際的な要因が台湾企業の回帰投資を加速させており、台湾におけるサプライチェーンもその影響でさらに完全なものになっている。これらはいずれも海外で展開している台湾企業が台湾へのUターン投資を積極的に申請している原因になっていると分析。(写真:CNA)
海外で展開している台湾企業の台湾への回帰投資を促すために実施されている、「三大投資方案」が、台湾元1兆5,000億元(約日本円6兆円)という目標を前倒しして達成した。経済部(日本の経産省に相当)の王美花・部長(=大臣、写真)は3日、国際的な要因が台湾企業の回帰投資を加速させており、台湾におけるサプライチェーンもその影響でさらに完全なものになっている。これらはいずれも海外で展開している台湾企業が台湾へのUターン投資を積極的に申請している原因になっていると分析。(写真:CNA)
イギリスの著名な経済紙「フィナンシャル・タイムズ(英語: Financial Times, FT)」が、蔡英文・総統を2021年最も影響力のある女性25人の1人に選出。総統府の張惇涵・報道官は3日、「蔡・総統は、国家元首である総統は、個人を代表するのではなく、国家を代表しているのだと思う。そのため、影響力があるのは、自分ではなく、台湾である」と、蔡・総統のコメントを伝えた。(写真:資料写真、総統府提供)
イギリスの著名な経済紙「フィナンシャル・タイムズ(英語: Financial Times, FT)」が、蔡英文・総統を2021年最も影響力のある女性25人の1人に選出。総統府の張惇涵・報道官は3日、「蔡・総統は、国家元首である総統は、個人を代表するのではなく、国家を代表しているのだと思う。そのため、影響力があるのは、自分ではなく、台湾である」と、蔡・総統のコメントを伝えた。(写真:資料写真、総統府提供)
12月3日は、国際障害者デー。台湾の与党・民進党所属の羅美玲・立法委員(国会議員)は3日、台湾のスポーツ振興やその他スポーツに関する施策の総合的な推進を図る行政機関、体育署(日本のスポーツ庁に相当)と中華民国身障者体育運動総会と共に、記者会見を開き、中華パラリンピック委員会への改名と、来年3月に会員大会を開くことを明らかにした。改名は内政部の許可を得てから正式に実施されるという。(写真:羅美玲・立法委員オフィス提供)
12月3日は、国際障害者デー。台湾の与党・民進党所属の羅美玲・立法委員(国会議員)は3日、台湾のスポーツ振興やその他スポーツに関する施策の総合的な推進を図る行政機関、体育署(日本のスポーツ庁に相当)と中華民国身障者体育運動総会と共に、記者会見を開き、中華パラリンピック委員会への改名と、来年3月に会員大会を開くことを明らかにした。改名は内政部の許可を得てから正式に実施されるという。(写真:羅美玲・立法委員オフィス提供)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が3日、台湾で新型コロナウイルスの新規感染者が11人増え、死者はいないことを明らかにした。この11人はすべて海外で感染したもの。11人のうち、10月24日に入国した台湾人女性がいて、この女性は出国のため、1日自費でPCR検査を受け、陽性反応だったので感染が確認された。この女性は海外で感染者に接触したことがあったため、域外感染者とされている。(写真:指揮センター提供)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が3日、台湾で新型コロナウイルスの新規感染者が11人増え、死者はいないことを明らかにした。この11人はすべて海外で感染したもの。11人のうち、10月24日に入国した台湾人女性がいて、この女性は出国のため、1日自費でPCR検査を受け、陽性反応だったので感染が確認された。この女性は海外で感染者に接触したことがあったため、域外感染者とされている。(写真:指揮センター提供)