フォト台湾

立法院交通委員会が10日、台湾の大手航空会社、中華航空(チャイナエアライン、略称:華航)の乗組員の宿舎で隔離先でもあった、台北ノボテル桃園国際空港ホテルで発生した集団感染について、交通部、衛生福利部、桃園市役所など主管機関に報告を求めた。 中華航空傘下の台北ノボテル桃園国際空港ホテルが、一般開放する1号館の7階と8階をチャイナエアライン乗組員の宿舎兼隔離先にし、2号館を外国籍乗組員向けの防疫ホテルにしたため、この集団感染の責任帰属は議論の焦点となっている。左は交通部の王国材・部長、右は衛生福利部の石崇良・次長。(写真:CNA)
立法院交通委員会が10日、台湾の大手航空会社、中華航空(チャイナエアライン、略称:華航)の乗組員の宿舎で隔離先でもあった、台北ノボテル桃園国際空港ホテルで発生した集団感染について、交通部、衛生福利部、桃園市役所など主管機関に報告を求めた。 中華航空傘下の台北ノボテル桃園国際空港ホテルが、一般開放する1号館の7階と8階をチャイナエアライン乗組員の宿舎兼隔離先にし、2号館を外国籍乗組員向けの防疫ホテルにしたため、この集団感染の責任帰属は議論の焦点となっている。左は交通部の王国材・部長、右は衛生福利部の石崇良・次長。(写真:CNA)
外交部は5日、台湾によるインドへの防疫医療物資の寄付儀式が行われた。多国籍企業「アダニグループ」の台湾における提携業務の責任者、張健庭氏が、台湾元2000万元(約日本円7806万円)相当の極低温ISOタンクコンテナ15台を台湾北部・桃園市を通してインドに寄付。桃園市の鄭文燦・市長(左)は外交部の呉釗燮・部長(中央)の立ち会いのもと、アダニグループを代表して、医療物資をインドの対台湾窓口機関、インド台北協会のグランガラル・ダス会長に渡した。これらの物資は海運と空運でインドに送られる予定。(写真:CNA)
外交部は5日、台湾によるインドへの防疫医療物資の寄付儀式が行われた。多国籍企業「アダニグループ」の台湾における提携業務の責任者、張健庭氏が、台湾元2000万元(約日本円7806万円)相当の極低温ISOタンクコンテナ15台を台湾北部・桃園市を通してインドに寄付。桃園市の鄭文燦・市長(左)は外交部の呉釗燮・部長(中央)の立ち会いのもと、アダニグループを代表して、医療物資をインドの対台湾窓口機関、インド台北協会のグランガラル・ダス会長に渡した。これらの物資は海運と空運でインドに送られる予定。(写真:CNA)
台湾では11日、感染経路不明の域内感染者が見つかったため、台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」は11日から6月8日まで、室内100人以上、室外500人以上の大型イベントの開催中止、在来線・台湾鉄道と台湾新幹線こと、台湾高速鉄道、およびバスなどの公共交通機関での飲食禁止などの防疫強化対策を実施すると発表した。(写真:CNA)
台湾では11日、感染経路不明の域内感染者が見つかったため、台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」は11日から6月8日まで、室内100人以上、室外500人以上の大型イベントの開催中止、在来線・台湾鉄道と台湾新幹線こと、台湾高速鉄道、およびバスなどの公共交通機関での飲食禁止などの防疫強化対策を実施すると発表した。(写真:CNA)
台湾における新型コロナウイルス感染者は11日、新たに11人増加、そのうち、台湾での感染(域内感染)が確認された人は7人、海外で感染した人(域外感染)は4人です。域内感染者が域外感染者を上回ったのは、異例のことです。
台湾における新型コロナウイルス感染者は11日、新たに11人増加、そのうち、台湾での感染(域内感染)が確認された人は7人、海外で感染した人(域外感染)は4人です。域内感染者が域外感染者を上回ったのは、異例のことです。
外交部の田中光・政務次長(写真)は10日、今年、台湾が世界保健機関(WHO)の年次総会WHAに招かれる可能性について報道陣のインタビューに答え、「台湾によるWHOの関連イベントへの参加に対する世界各国からの支持は、これまでにないレベルに達している。台湾を支持する力がある程度に達せば、無視できない力になると信じている」と答え、最後まで頑張る姿勢を示した。第74回世界保健総会(WHA)は5月24日から6月1日にかけてテレビ会議の形式でスイスジュネーブで開催される。参加国は、ヨーロッパ時間10日までに招待状をもらって登録手続きを済ませなければならない。(写真:RTI)
外交部の田中光・政務次長(写真)は10日、今年、台湾が世界保健機関(WHO)の年次総会WHAに招かれる可能性について報道陣のインタビューに答え、「台湾によるWHOの関連イベントへの参加に対する世界各国からの支持は、これまでにないレベルに達している。台湾を支持する力がある程度に達せば、無視できない力になると信じている」と答え、最後まで頑張る姿勢を示した。第74回世界保健総会(WHA)は5月24日から6月1日にかけてテレビ会議の形式でスイスジュネーブで開催される。参加国は、ヨーロッパ時間10日までに招待状をもらって登録手続きを済ませなければならない。(写真:RTI)
アメリカのアントニー・ブリンケン国務長官(写真)は7日に声明を発表し、世界保健機関(WHO)の指導層が適切な行動をとり、今年の世界保健総会(WHA)への台湾のオブザーバー参加を認めるよう呼びかけた。行政院の羅秉成・報道官は8日、アメリカ、日本、フランスなどの主要国家の台湾に対する支持、励み、評価に感謝すると共に、台湾は今後も国際社会におけるイメージアップと地位向上のために努力し、価値観と理念の近い国々とのパートナーシップを強化していくとしている。(写真:アメリカ国務省提供、CNA)
アメリカのアントニー・ブリンケン国務長官(写真)は7日に声明を発表し、世界保健機関(WHO)の指導層が適切な行動をとり、今年の世界保健総会(WHA)への台湾のオブザーバー参加を認めるよう呼びかけた。行政院の羅秉成・報道官は8日、アメリカ、日本、フランスなどの主要国家の台湾に対する支持、励み、評価に感謝すると共に、台湾は今後も国際社会におけるイメージアップと地位向上のために努力し、価値観と理念の近い国々とのパートナーシップを強化していくとしている。(写真:アメリカ国務省提供、CNA)
外交部は、インドにいる国民に対して、日本の旅客機に乗って東京経由で帰国するよう提案すると共に、まだ航空機があるうちに、早く帰国するよう呼びかけている。そして、インドにある出先機関を暫時閉鎖しない方針も明らかにした。(写真:RTI)
外交部は、インドにいる国民に対して、日本の旅客機に乗って東京経由で帰国するよう提案すると共に、まだ航空機があるうちに、早く帰国するよう呼びかけている。そして、インドにある出先機関を暫時閉鎖しない方針も明らかにした。(写真:RTI)
日本航空は7日、7月1日以降の台湾と日本の航空路線の運航計画として、7月1日から日本東京の成田空港と台湾南部・高雄市を結ぶ路線、成田-高雄路線を廃止し、7月1日から9月30日まで、大阪から台湾桃園国際空港までの路線、および名古屋から台湾桃園国際空港までの路線の運航を一時停止すると発表した。(写真:AFP)
日本航空は7日、7月1日以降の台湾と日本の航空路線の運航計画として、7月1日から日本東京の成田空港と台湾南部・高雄市を結ぶ路線、成田-高雄路線を廃止し、7月1日から9月30日まで、大阪から台湾桃園国際空港までの路線、および名古屋から台湾桃園国際空港までの路線の運航を一時停止すると発表した。(写真:AFP)
台湾の大手航空会社、中華航空(チャイナエアライン)の乗組員の宿舎で、隔離施設でもあった、台北ノボテル桃園国際空港ホテルの集団感染が10日、さらに拡大した。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の指揮官を兼務する、衛生福利部(=日本の厚労省に類似)の陳時中・部長(=大臣、写真)は10日午後の記者会見で、台湾での感染が確認された症例が10日に4例増加、そのうち、一例は、感染源調査中だと発表した。10日時点では、この集団感染の累計感染者は、35人になった。市中への影響が懸念されている。(写真:CNA)
台湾の大手航空会社、中華航空(チャイナエアライン)の乗組員の宿舎で、隔離施設でもあった、台北ノボテル桃園国際空港ホテルの集団感染が10日、さらに拡大した。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の指揮官を兼務する、衛生福利部(=日本の厚労省に類似)の陳時中・部長(=大臣、写真)は10日午後の記者会見で、台湾での感染が確認された症例が10日に4例増加、そのうち、一例は、感染源調査中だと発表した。10日時点では、この集団感染の累計感染者は、35人になった。市中への影響が懸念されている。(写真:CNA)