フォト台湾

陽性反応が出た台湾の大手航空会社、中華航空(チャイナエアライン)の乗組員は4日、2人増えた。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が4日に明らかにしたところによると、この二人は、感染者番号1153(累計感染者数1153人目)のパイロットと、感染者番号1154の客室乗務員。これで中華航空(チャイナエアライン)と、同社の乗組員の集中隔離施設だった「ノボテル台北桃園国際空港ホテル」における集団感染者数は、オーストラリアで感染が確認され、今オーストラリアに滞在している同社のインドネシア人パイロット1人を含め、28人になっている。そのうち、16人は、台湾で感染したもの、11人は、感染源不明。(写真:「中央感染状況指揮センター」より)
陽性反応が出た台湾の大手航空会社、中華航空(チャイナエアライン)の乗組員は4日、2人増えた。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が4日に明らかにしたところによると、この二人は、感染者番号1153(累計感染者数1153人目)のパイロットと、感染者番号1154の客室乗務員。これで中華航空(チャイナエアライン)と、同社の乗組員の集中隔離施設だった「ノボテル台北桃園国際空港ホテル」における集団感染者数は、オーストラリアで感染が確認され、今オーストラリアに滞在している同社のインドネシア人パイロット1人を含め、28人になっている。そのうち、16人は、台湾で感染したもの、11人は、感染源不明。(写真:「中央感染状況指揮センター」より)
アメリカのバイデン大統領が4月29日に就任100日を迎えた。台湾国際放送の運営母体、「中央放送局」は同日に、陳文成博士記念基金会との共催でフォーラムを開催し、国際政治、軍事、経済の3つの角度から、バイデン政権発足後100日間の施政成果が今後、アメリカ、台湾、中国大陸の関係に与える影響を分析した。
アメリカのバイデン大統領が4月29日に就任100日を迎えた。台湾国際放送の運営母体、「中央放送局」は同日に、陳文成博士記念基金会との共催でフォーラムを開催し、国際政治、軍事、経済の3つの角度から、バイデン政権発足後100日間の施政成果が今後、アメリカ、台湾、中国大陸の関係に与える影響を分析した。