フォト台湾

台湾の大手航空会社、中華航空(チャイナエアライン)のパイロットが4月下旬から相次いで新型コロナウイルスへの感染が確認され、一部のパイロットの家族、および海外から帰国したパイロットの隔離先となる、台湾北部・桃園市にある、ノボテル タオユエン インターナショナル エアポートホテルの従業員まで感染が拡大した大変なことになっている。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の指揮官を兼務する、衛生福利部の陳時中・部長は、4月30日、今回の感染を「ホテルでの集団感染」と定義づけると共に、5月1日に感染者の新型コロナウイルスのゲノム解析の結果を発表し、ホテルの職員とパイロット数人が同じイギリスの変異株に感染したことを確認した。(写真:ノボテル タオユエン インターナショナル エアポートホテルの公式サイトより)
台湾の大手航空会社、中華航空(チャイナエアライン)のパイロットが4月下旬から相次いで新型コロナウイルスへの感染が確認され、一部のパイロットの家族、および海外から帰国したパイロットの隔離先となる、台湾北部・桃園市にある、ノボテル タオユエン インターナショナル エアポートホテルの従業員まで感染が拡大した大変なことになっている。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の指揮官を兼務する、衛生福利部の陳時中・部長は、4月30日、今回の感染を「ホテルでの集団感染」と定義づけると共に、5月1日に感染者の新型コロナウイルスのゲノム解析の結果を発表し、ホテルの職員とパイロット数人が同じイギリスの変異株に感染したことを確認した。(写真:ノボテル タオユエン インターナショナル エアポートホテルの公式サイトより)