フォト台湾

台鉄特急列車脱線事故のため、6号車の下敷きになっていた犠牲者の遺体が5日午後、出された。このたびの列車事故における最後の犠牲者がようやく見つかった。台湾南東部・台東出身の21歳の男性憲兵だった。(写真:花蓮県提供、CNA)
台鉄特急列車脱線事故のため、6号車の下敷きになっていた犠牲者の遺体が5日午後、出された。このたびの列車事故における最後の犠牲者がようやく見つかった。台湾南東部・台東出身の21歳の男性憲兵だった。(写真:花蓮県提供、CNA)
2日に発生したこの列車脱線事故で50人が死亡、202人が負傷している。交通部の林佳龍・部長(左)は4日深夜、フェイスブックに投稿し、蔡英文・総統と蘇貞昌・行政院長に辞意を表明した。災害救助が一段落したら、責任をとって交通部長を辞任すると明らかにした。林・交通部長は5日、「事故発生直後にただちに責任をとると言った。政治責任だけではなく、事後対策の責任もある。事故の影響を最小限にとどめるべきだ。在任中、最後まで、災害救助や線路の復旧などすべての事後対策を全う。個人の去就は現在重要ではない」と述べた。(写真:林佳龍・交通部長のフェイスブックより)
2日に発生したこの列車脱線事故で50人が死亡、202人が負傷している。交通部の林佳龍・部長(左)は4日深夜、フェイスブックに投稿し、蔡英文・総統と蘇貞昌・行政院長に辞意を表明した。災害救助が一段落したら、責任をとって交通部長を辞任すると明らかにした。林・交通部長は5日、「事故発生直後にただちに責任をとると言った。政治責任だけではなく、事後対策の責任もある。事故の影響を最小限にとどめるべきだ。在任中、最後まで、災害救助や線路の復旧などすべての事後対策を全う。個人の去就は現在重要ではない」と述べた。(写真:林佳龍・交通部長のフェイスブックより)
台北市のランドマーク、世界有数の超高層ビル、台北101(509m)は、5日と6日の午後6時30から10時まで、2日午前台湾東部・花蓮で発生した台湾鉄道史上最悪の脱線事故で亡くなった人と負傷した人のために祈っている。映し出される文字は、「為受難者祝祷(犠牲者のために祈祷)」、「為救災者打氣(災害救助に当たる関係者に声援を)」、「台湾同心(台湾、心を一つにする)」、「祈福平安(幸福と平安祈る)」。(写真:台北101フェイスブックより)
台北市のランドマーク、世界有数の超高層ビル、台北101(509m)は、5日と6日の午後6時30から10時まで、2日午前台湾東部・花蓮で発生した台湾鉄道史上最悪の脱線事故で亡くなった人と負傷した人のために祈っている。映し出される文字は、「為受難者祝祷(犠牲者のために祈祷)」、「為救災者打氣(災害救助に当たる関係者に声援を)」、「台湾同心(台湾、心を一つにする)」、「祈福平安(幸福と平安祈る)」。(写真:台北101フェイスブックより)
台湾の在来線・台湾鉄道(略称:台鉄)の特急列車、太魯閣号(タロコ号、列車番号408)は2日午前、台湾東部・花蓮で台湾鉄道史上最悪の脱線事故が発生した。5日時点ではこの事故のため、50人が死亡、202人が負傷している。事故の発生を受け、アメリカ、イギリス、フランス、ヨーロッパ連合(EU)台湾に駐在している世界各国の在外公館や代表部は2日、ただちにフェイスブックやツイッターなどを通して哀悼と慰問の意を表した。(写真:各国の台湾駐在代表部のフェイスブックより)
台湾の在来線・台湾鉄道(略称:台鉄)の特急列車、太魯閣号(タロコ号、列車番号408)は2日午前、台湾東部・花蓮で台湾鉄道史上最悪の脱線事故が発生した。5日時点ではこの事故のため、50人が死亡、202人が負傷している。事故の発生を受け、アメリカ、イギリス、フランス、ヨーロッパ連合(EU)台湾に駐在している世界各国の在外公館や代表部は2日、ただちにフェイスブックやツイッターなどを通して哀悼と慰問の意を表した。(写真:各国の台湾駐在代表部のフェイスブックより)