フォト台湾

日本の公益財団法人「日本さくらの会」に「海外における桜名所」として認められている「九族文化村」。1990年に日本の「さくら名所100選」を発表した「日本さくらの会」が、海外の桜名所を認めたのは初めて。「日本さくらの会」は、日本の花「さくら」の愛護、保存、育成、普及等を目的に設立されたもの、桜の植樹や愛護、桜名所の保全、名木・巨木保存、また、桜を通じた国際親善事業の実施に取り組んでいる。(写真:雄獅旅遊提供)
日本の公益財団法人「日本さくらの会」に「海外における桜名所」として認められている「九族文化村」。1990年に日本の「さくら名所100選」を発表した「日本さくらの会」が、海外の桜名所を認めたのは初めて。「日本さくらの会」は、日本の花「さくら」の愛護、保存、育成、普及等を目的に設立されたもの、桜の植樹や愛護、桜名所の保全、名木・巨木保存、また、桜を通じた国際親善事業の実施に取り組んでいる。(写真:雄獅旅遊提供)
2月21日は「国際母語デー」。この「国際母語デー」は、言語と文化の多様性、多言語の使用、そしてあらゆる母語の尊重の推進を目的として、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が1999年11月17日に制定した、国際デーの一つ。日にちが決まっている。毎年の2月21日。台湾には最大のエスニックグループ、閩南人(河洛人とも、中国大陸福建省南部からやってきた人たちのこと、閩は福建省の略称)、二番目に大きいエスニックグループ、客家人、台湾の先住民族(政府に認定されたのは16族)、そして婚姻関係のために海外から台湾に移住してきた「新住民、中国大陸出身者と東南アジア出身者が大多数を占めている」がいる。政府はこれらの人たちの母語の保存、伝承、教学、普及、研究に積極的に取り組んでいる。(写真:RTI)
2月21日は「国際母語デー」。この「国際母語デー」は、言語と文化の多様性、多言語の使用、そしてあらゆる母語の尊重の推進を目的として、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が1999年11月17日に制定した、国際デーの一つ。日にちが決まっている。毎年の2月21日。台湾には最大のエスニックグループ、閩南人(河洛人とも、中国大陸福建省南部からやってきた人たちのこと、閩は福建省の略称)、二番目に大きいエスニックグループ、客家人、台湾の先住民族(政府に認定されたのは16族)、そして婚姻関係のために海外から台湾に移住してきた「新住民、中国大陸出身者と東南アジア出身者が大多数を占めている」がいる。政府はこれらの人たちの母語の保存、伝承、教学、普及、研究に積極的に取り組んでいる。(写真:RTI)
1月30日から3月14日まで開催されている、台湾中部・南投県日月潭(サンムーンレイク)の桜フェスティバルは、今見頃を迎えている。日月潭の桜フェスティバルの主な桜名所の一つである、「九族文化村(Formosan Aboriginal Culture Village、南投県魚池郷)」に植えられている5000本の桜が、今年一斉に開花していることから、注目を集めている。台湾のメディアは、「桜花大爆発(桜の花大量発生)」という言葉を使って過去10年にない盛況ぶりを報道している。(写真:九族文化村提供、CNA)
1月30日から3月14日まで開催されている、台湾中部・南投県日月潭(サンムーンレイク)の桜フェスティバルは、今見頃を迎えている。日月潭の桜フェスティバルの主な桜名所の一つである、「九族文化村(Formosan Aboriginal Culture Village、南投県魚池郷)」に植えられている5000本の桜が、今年一斉に開花していることから、注目を集めている。台湾のメディアは、「桜花大爆発(桜の花大量発生)」という言葉を使って過去10年にない盛況ぶりを報道している。(写真:九族文化村提供、CNA)