close
Rti台湾国際放送公式アプリをインストール
開く
:::

米ワシントンD.C.で旧正月パレード開催、台米関係の持続的発展に期待

  • 12 February, 2024
  • 許 芳瑋
米ワシントンD.C.で旧正月パレード開催、台米関係の持続的発展に期待
俞大㵢‧駐米代表は11日、アメリカのワシントンD.C.で行われた旧正月パレードに参加した際、台米関係が辰年においても迅速に発展し続けると述べた。(写真:CNA)

アメリカのワシントンD.C.では11日、旧正月(春節)パレードが行われ、盛大に辰年を迎えました。台湾の俞大㵢‧駐米代表(大使に相当)は、アメリカ政府とアメリカの人々の力強い支持のもと、台米の堅固な関係が辰年においても迅速に発展し続けると述べました。

辰年を迎えるためのこのパレードは11日、ワシントンD.C.のチャイナタウンで開催。ミュリエル・バウザー(Muriel Bowser)ワシントン市長と俞大㵢‧代表がパレード隊をリードし、小雨の中で進行しました。

昨年12月に駐米代表に着任した俞‧代表は、ワシントンD.C.の旧正月(春節)パレードに参加したのは、初めてです。年男である俞‧代表は、人々に台湾華語と英語で、「好運龍來(すべての幸運がくるように)」という新年の祝福をしました。また、アメリカ政府とアメリカの人々の力強い支持のもと、台米の堅固な関係が辰年においても迅速に発展し続けると信じていると挨拶しました。

一方、アメリカ連邦議会下院の「中国問題特別委員会」のマイク・ギャラガー(Mike Gallagher)委員長は先日、再選に立候補しないことを発表。マイク・ギャラガー委員長は、台湾に非常に友好的であり、北京に対して強硬な立場を取ることで知られています。

これに対し、俞‧代表はインタビューで、アメリカ議会の長きにわたる台湾への支持は普遍的で、、党派を超えている。アメリカ議会には多くの台湾の友人がおり、議会を訪れた際には温かく、心地よい雰囲気を感じる。そのため、再選された議員や新しく選ばれた議員から成る新しい国会は、この状況を維持し続けると信じていると述べています。

(編集:許芳瑋/本村大資)

関連のメッセージ

本分類最新more