:::

ポーランド国会議員団と会談、蔡・総統がウクライナの戦後再建に協力の意向

  • 06 December, 2022
  • 王淑卿
ポーランド国会議員団と会談、蔡・総統がウクライナの戦後再建に協力の意向
蔡英文・総統(前列左)が6日午前、台湾を訪問中のポーランド国民議会下院の議員団一行の表敬訪問を受けた。蔡・総統はあいさつの中で、「ポーランド・台湾国会グループ」のヴァルデマル・アンゼル(Waldemar Andzel)代表(前列右)が議員団を率いて台湾を訪問することに歓迎の意を表した。(写真:CNA)

蔡英文・総統が6日午前、台湾を訪問中のポーランド国民議会下院の議員団一行の表敬訪問を受けました。蔡・総統はあいさつの中で、「ポーランド・台湾国会グループ」のヴァルデマル・アンゼル(Waldemar Andzel)代表が議員団を率いて台湾を訪問することに歓迎の意を表しました。

蔡・総統は、団長を務めるアンゼル代表のほか、超党派の「ポーランド・台湾国会グループ」の副代表3名と議員3名も同行していることは、台湾に対する強い支持の現れだと述べました。

蔡・総統によりますと、台湾はポーランドと同じように権威主義の支配と民主主義への追求というプロセスを経てきました。そのため、民主政治は得難いものだということが分かります。双方は積極的に協力し、共に民主主義と自由を守るべきだということです。

蔡・総統は新型コロナウイルスの感染拡大期間中における双方の協力関係にも触れ、双方は支え合いながら共に新型コロナの挑戦を乗り越えてきたとし、「ポーランド・台湾国会グループ」の努力により、ポーランドが台湾に新型コロナワクチンを40万回分無償供与したと感謝しました。

蔡・総統はまた、アンゼル氏が長年懸案だった、台湾とポーランドの二重課税回避協定の締結を実現させ、台湾による国際組織への参与に対するポーランドの支持を促したことにも謝意を表しました。

蔡・総統はさらにロシアによるウクライナ侵攻にも言及しました。

蔡・総統は、台湾、ポーランド、ウクライナはいずれも権威主義の勢力拡張の前線にある。台湾の人々は、民主主義と自由を守るウクライナの決意を自分のことのように思っており、義援金や支援物資の寄付などを通じてウクライナに声援を送るポーランドの取り組みに積極的に参与している。理念の近いパートナーと、ウクライナの戦後の再建に取り組んでいきたい。ウクライナの人々が一日も早く平穏な日を取り戻せるよう願っていると述べました。

蔡・総統は、今年は台湾がポーランドに代表処を設置して30年という節目の年だ。双方は今後も各分野における連携を強化し、共に民主主義国家の団結力を強めていくよう期待を示しました。

関連のメッセージ

本分類最新more