:::

双十国慶節の国歌斉唱は三ヶ所同時中継 游・立法院長:国防への堅い意思示す

  • 10 October, 2022
  • 王淑卿
双十国慶節の国歌斉唱は三ヶ所同時中継 游・立法院長:国防への堅い意思示す
「国慶準備委員会」の主任委員をつとめる立法院の游錫堃・院長は5日、今年の双十国慶節祝賀式典では初めて台北市の総統府と、南部・高雄市、離島の馬祖(連江県)の三ヶ所を中継で結び、代表による国歌斉唱を行うことで、国民全体の一致団結を形に示すと紹介した。(写真:RTI)

中華民国双十国慶節記念式典を10日に控え、準備を行う「国慶準備委員会」の主任委員をつとめる立法院の游錫堃・院長は5日、国民の防衛意識は、国防にとって最も重要な力であると強調、台湾は今まさに厳しい国際情勢と中共による嫌がらせに直面していることから、今年、双十国慶節のテーマを「守土衛國,你我同行(国土と国家を守り、あなたも私も)」に定めたと述べた。今年の双十国慶節では初めて、台北市の総統府と、南部・高雄市、離島の馬祖(連江県)の三ヶ所を中継で結び、代表による国歌斉唱を行うことで、国民全体の一致団結を形に示すという。

※ ※ ※ ※ ※

双十国慶節記念式典の記者会見が5日、立法院で開催され、台北市の名門校・台北第一女子高校のマーチングバンドが招かれ、盛り上がりにつつまれました。「国慶準備委員会」の主任委員をつとめる立法院の游錫堃・院長は、今年のテーマは「国土と国家を守れ、あなたも私も」だと説明、台湾主体意識と国民の防衛意識を高めたいと希望し、先人たちの植民支配への抵抗の歴史を例に、台湾人は必ず団結して国土を守ることができると強調しました。

游・立法院長は、「現在、中共から際限のない嫌がらせを受けている。台湾人は先人達の台湾精神、国土を守り抜こうとする精神を取り戻さなければならない。2300万人が手を取り、国家の主権と安全を守ろうとする固い意思をもち、戦いに備えつつも戦いを求めないことで、民主と自由、地域の安全を守るために全力を尽くそう」と強調しました。

游・立法院長は、孫子の兵法を引用し、全国民が抵抗の意思をみせれば、敵の侵略の意図を抑制できる、と述べました。

記者会見では、メインビジュアル動画や各種イベントの予告も行われました。当日は3つのパートに分かれ、人気バンドや合唱団のステージのほか、台南の「聯合武陣」の演武、国軍や台北第一女子高のマーチングバンドも出演します。

記念式典では、国軍と海岸巡防署(略称:海巡署)の代表7名、そして離島馬祖の児童合唱団や高雄左営のコルベット艦と結び国歌斉唱を行います。また、国軍の輸送ヘリコプターが国旗を吊り下げ総統府の前を飛行します。

今年の国慶節の夜の祝賀大会は桃園市で開催されるほか、多くの人々が期待する祝賀花火大会は嘉義県で開催されます。プロジェクションマッピング、ウォーターショー、ドローンショーを結合して台北管弦楽団の演奏が行われる中、2万6000発の花火が打ち上げられます。北から南まで台湾全土で中華民国の111歳の誕生日をお祝いします。

関連のメッセージ

本分類最新more