:::

台湾、10/13より国境を開放 海外ツアーの制限も撤廃

  • 29 September, 2022
  • 王淑卿
台湾、10/13より国境を開放 海外ツアーの制限も撤廃
行政院(内閣)の蘇貞昌・院長(首相)は29日、行政院の閣議で衛生福利部(日本の厚労省に類似)の報告を受けたのち、台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部である「中央感染状況指揮センター」によれば、現在台湾における感染確認者数は2週間前に予測したピーク時の感染者数を超えていないこと、この一週間の感染者数が減少傾向にあり、重症者数も増えておらず、死亡者数も減っていることから、10月13日に国境を開放すると正式に発表した。写真は台湾北部の空の玄関口、台湾桃園国際空港。(写真:資料写真/CNA)

新型コロナウイルスのパンデミック発生後の第一段階の国境開放策が29日に始まりました。一週間当たりの入国者数がこれまでの延べ5万人から延べ6万人に引き上げられ、台湾とノービザ相互免除協定を結んでいる国、地域からの渡航者を対象にビザ免除措置が実施され、入国時の空港における唾液によるPCR検査が廃止され、その代わりに満2歳の入国者に抗原検査キット4個を無料配布され、入国後の隔離措置である、外出不可の最初の3日間と抗原検査の結果が陰性なら外出可能な4日間の自主防疫のいわゆる「3+4」の隔離先が「一人一室」に緩和され、入国日と入国日の翌日から起算する3日間の隔離期間満了後、それぞれ一回抗原検査を行うことが義務付けられています。

行政院(内閣)の蘇貞昌・院長(首相)は29日、行政院の閣議で衛生福利部(日本の厚労省に類似)の報告を受けたのち、台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部である「中央感染状況指揮センター」によれば、現在台湾における感染確認者数は2週間前に予測したピーク時の感染者数を超えていないこと、この一週間の感染者数が減少傾向にあり、重症者数も増えておらず、死亡者数も減っていることから、10月13日に国境を開放すると正式に発表しました。

10月13日から、入国後、隔離措置が免除され、一週間当たりの入国者数も延べ15万人に引上げられ、ノービザ措置の対象国以外の国、地域からの渡航者のビザも免除され、海外ツアーの出入国に対する制限も全面的に撤廃されるということです。

関連のメッセージ

本分類最新more