:::

双十国慶節空中の予行演習、人心を奮い立たせる

  • 29 September, 2022
  • 王淑卿
双十国慶節空中の予行演習、人心を奮い立たせる
国軍部隊が29日午前5時50分から7時40分まで、総統府前広場の上空で10月10日の建国記念日、双十国慶節に行われる祝賀式典における空中のパフォーマンスの予行演習をパワー全開で行った。写真は、大きな国旗を掲げて台北市の上空を通過する、大型輸送ヘリコプター・CH-47と多目的軍用ヘリコプタ・UH-60M(ブラックホーク)。(写真:CNA)

国軍部隊が29日午前5時50分から7時40分まで、総統府前広場の上空で10月10日の建国記念日、双十国慶節に行われる祝賀式典における空中のパフォーマンスの予行演習をパワー全開で行いました。

新型高等訓練機・Brave Eagle(ブレイブ・イーグル) 、F-5型戦闘機、攻撃ヘリコプター・AH-64Eアパッチ、多目的軍用ヘリコプター・UH-60 ブラックホークが相次いて登場、多くの軍事マニアは朝早く総統府前の広場に駆け付け、空軍のパフォーマンスをカメラに収めました。

新型高等訓練機・Brave Eagle(ブレイブ・イーグル)は将来的にはF-5型戦闘機に取って代わって部隊の訓練機になります。Brave Eagle(ブレイブ・イーグル)とF-5型戦闘機が相次いで総統府前広場の上空を通過することは、バトンタッチ、後継者に使命を渡すことを意味します。

空軍の曲芸飛行部隊(アクロバットチーム)「雷虎小組(サンダータイガー)」もAT-3練習機を操縦して登場、中華民国の国旗の色である、白、青、赤の三色の煙を出しながら総統府の上空を掠めていきました。

なお、10月5日早朝にも同じ場所でもう一度リハーサルが行われます。

関連のメッセージ

本分類最新more