:::

台米が112億日本円に上るパトリオットミサイル保守点検契約結ぶ

  • 12 August, 2022
  • 王淑卿
台米が112億日本円に上るパトリオットミサイル保守点検契約結ぶ
台湾とアメリカが25.2億台湾元(約112億日本円)に相当するパトリオットミサイルの保守点検などに関する契約を締結した。台湾の防空能力を効果的に維持することができると期待が持たれている。写真はパトリオットミサイルPAC-3(写真:軍聞社提供、CNA)

台湾とアメリカが25.2億台湾元(約112億日本円)に相当するパトリオットミサイルの保守点検などに関する契約を締結しました。政府の公式サイトによりますと、この武器売却契約は、アメリカ駐在の中華民国軍事代表団が、アメリカの対台湾窓口機関、アメリカ在台協会と結んだものです。総金額は25億2436万3241台湾元に達し、契約期間は7月20日から2026年12月31日までです。

軍の関係者によりますと、この契約を通じてパトリオットミサイルの性能などを確保し、台湾の防空能力を効果的に維持することができます。

中国人民解放軍が8月初めに台湾の周辺海域と空域で軍事演習を行った際、弾道ミサイルを11基発射し、地域の安定を大いに脅かしています。この軍事演習を受けてのものだと考えられています。

関連のメッセージ

本分類最新more