:::

経済部が販路開拓に2億元、行政院=農家などの権益保護に尽力

  • 11 August, 2022
  • 王淑卿
経済部が販路開拓に2億元、行政院=農家などの権益保護に尽力
アメリカのナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問を受け、中国が先ごろ、コーヒーなどの台湾の加工食品、タチウオと冷凍のアジなどの台湾の水産品、それに柑橘類の輸入を禁止した。行政院の報道官を兼務する、羅秉成・政務委員(=無任所大臣)は、蘇貞昌・行政院長(写真)の談話として、「政府の態度は一つしかない。中国の政治手段の影響を受けたすべての業種と業者を直ちに支援し、損害を最小限にとどめ、関連産業への衝撃を和らげることだ。政府は、一生懸命働いている善良な農家、漁民、業者の損失を座視しない」と伝えた。(写真:蘇貞昌・行政院長のフェイスブックより)

アメリカのナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問を不満に思い、中国が先ごろ、コーヒーなどの台湾の加工食品、タチウオと冷凍のアジなどの台湾の水産品、それに柑橘類の輸入を禁止しました。

経済部(日本の経産省に相当)、行政院農業委員会(日本の農林水産省に相当)は11日、行政院院会(=閣議)で、「中国の禁輸措置実施後の台湾の食品、農産品と水産品の販売状況と対策・支援策」について報告を行いました。

行政院(=内閣)の蘇貞昌・院長(=首相)は、報告を聴取した後、「中国は、軍事演習を行ったり、不当な政治手段を用いて国際貿易を乱したりして台湾に対する威圧行為を繰り返していると指摘、横暴な政治手段を使ってすべてをコントロールしようとする中国に対して、政府の態度は一つしかない。それは、中国の政治的な手段のため損害を被っているすべての業者を支援し、損害を最小限にとどめることだ」と説明しました。

行政院の報道官を兼務する、羅秉成・政務委員(=無任所大臣)は、蘇貞昌・行政院長の談話として、「政府の態度は一つだけ。中国の政治手段の影響を受けたすべての業種と業者を直ちに支援し、損害を最小限にとどめ、関連産業への衝撃を和らげることだ。政府は、一生懸命働いている善良な農家、漁民、業者の損失を座視しない」と伝えました。

蘇・行政院長は、最近政府が推進している市場分散政策が徐々に効果を出始めている。今年上半期、アメリカは初めて台湾の農産品の最大の輸出先になっている。日本は二位、中国が三位に下がったと喜びました。

蘇貞昌・院長によりますと、政府が126億台湾元(約558億日本円)を投資して作ったコールドチェーンシステムは、来年上半期にすべて完成できる見通しです。コールドチェーンシステムは、農産品の鮮度を保つ期間を延長することができます。

なお、経済部は11日、「台湾の食品全世界GO計画」を打ち出し、2億台湾元(約8.8億日本円)の経費を支出して13カ国で50項目に上る一連の販促イベントを行う予定です。台湾の企業2,000社がその恩恵を受け、6,200万米ドルのビジネスチャンスが見込まれています。

関連のメッセージ

本分類最新more