:::

入国時のPCR検査証明、8/15より全員免除

  • 10 August, 2022
  • 中野理繪
入国時のPCR検査証明、8/15より全員免除
8/15から、全ての入国者の搭乗前PCR検査証明が不要になる。(写真:指揮センター提供)

台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部である中央感染状況指揮センターは10日、国際線時刻表における台湾到着時間の8月15日午前0時から、「台湾を訪れるすべての渡航者」に搭乗日から遡って2日以内のPCR検査報告を必要としないと発表しました。

これは、各国の国境管制政策の段階的な開放に対応して、国際的に多くの国で旅客の搭乗前検査報告提示義務を廃止していること、並びに現在、台湾では引き続き入境時の唾液によるPCR検査及び入境後の3+4の隔離措置を必要としていることなどを考慮すれば水際での防疫が可能であるとの判断によるものです。

ただし、海外で陽性反応と診断された感染者は、国境を超えた感染を避けるため、検査日から7日間の渡航は引き続き中止とします。

指揮センターは、世界的に感染状況は安定し、やや減少傾向にあるが、感染状況は急に変化する可能性があるため、旅客は台湾に到着後、各項目の検疫や防疫措置を遵守するよう呼びかけています。

(編集:中野理絵/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more