:::

米が台湾有事なら軍事関与と明言、外交部「米の対台湾政策に変更なし」

  • 24 May, 2022
  • 王淑卿
米が台湾有事なら軍事関与と明言、外交部「米の対台湾政策に変更なし」
アメリカのバイデン大統領が23日、日本の岸田文雄首相との首脳会談終了後に開いた合同記者会見で、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調すると共に、中国が台湾に侵攻した場合、アメリカは武力で台湾を守ると明言した。これについて、外交部の欧江安・報道官(写真)は24日、「アメリカのホワイトハウス、国務省、国防総省はいずれもバイデン大統領の談話を釈明した。アメリカの対台湾政策は変わっていないと。我々はアメリカの台湾に対する約束は、『盤石のように強固だ』と信じている」と述べた。(写真:外交部提供)

アメリカのバイデン大統領が23日、日本の岸田文雄首相との首脳会談終了後に開いた合同記者会見で、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調すると共に、中国が台湾に侵攻した場合、アメリカは武力で台湾を守ると明言しました。

記者会見終了後、アメリカのホワイトハウスも、ロイド・オースティン国防長官も、アメリカの対台湾政策は変わっていないと重ねて表明しました。現在アジアを歴訪中のバイデン大統領も24日、台湾に対する「戦略的曖昧さ」は変わっていないと表明しました。

これについて、外交部の欧江安・報道官は24日、アメリカの行政機関は関連問題についてすでに説明を行った。アメリカ側は「台湾関係法」と「六つの保証」に基づいて、台湾が侵略に抵抗する防御兵器を引き続き提供してくれている。アメリカが供与した兵器は、台湾の抑止力を効果的に高めていると説明しました。

欧江安・報道官は、「アメリカのホワイトハウス、国務省、国防総省はいずれもバイデン大統領の談話を釈明した。アメリカの対台湾政策は変わっていない。我々はアメリカの台湾に対する約束は、『盤石のように強固だ』と信じている」と述べました。

なお、国防部は24日、バイデン大統領の発言に謝意を表しました。国防部は、国軍はこれからも、アメリカを含む理念の近い国々との連携を強化し、民主主義と自由という価値観を守り、台湾海峡とインド太平洋地域の平和、安定、繁栄を確保するために努力するとしています。

関連のメッセージ

本分類最新more