:::

中国が台湾を侵攻したら、バイデン米大統領「武器で台湾を防衛する」

  • 23 May, 2022
  • 王淑卿
中国が台湾を侵攻したら、バイデン米大統領「武器で台湾を防衛する」
アメリカのバイデン大統領(左)は、訪問先の日本の東京で、日本の岸田首相(右)と共同記者会見に臨み、中国大陸が台湾に侵攻した場合、「武器を使用して台湾を防衛する」と表明した。(写真:ロイター/達志映像TPG)

アメリカのバイデン大統領は、中国大陸が台湾に侵攻した場合、「武器を使用して台湾を防衛する」と表明しました。また、同時にアメリカは他の国と同じ立場に立ち、中国大陸が台湾に対して武力を使用できない状況を確保すると強調しました。

就任後、初めてのアジア歴訪を行っているバイデン大統領は、23日、訪問先の日本の東京で、日本の岸田首相を表敬訪問した後、共同記者会見に臨みました。

この中でバイデン大統領は、もし中国大陸が台湾に侵攻した場合、アメリカは台湾を防衛するかとの質問に対して、「イエス」と答えました。そして、「それは我々が行った約束だ。我々は、『1つの中国』政策に同意する。我々はすでにそれと、それから発生する関連の協議に調印している。しかし、台湾を武力で奪い取ることができると考えたとすれば、武力を通じてだけであれば、これは間違いだ。これは適切ではない」と指摘しました。そして、「こうした事が発生しないこと、あるいは試みられることのないことを願っている」と語りました。

また、バイデン大統領は、日本とアメリカは、「中国大陸の海軍の最近の活動、それに中国大陸とロシアの合同演習に関する動向を密接に観察している」と指摘しました。

共同記者会見にバイデン大統領と共に臨んだ岸田首相は、「我々は、武力で東シナ海と南シナ海の現状を変更しようとする企てに対して、強く反対する。また、我々は、人権問題など中国大陸に関する各種のテーマについて、共同で処理することに同意した」と語りました。

関連のメッセージ

本分類最新more