:::

米の新経済圏構想IPEFに台湾は入れず、外交部が遺憾を表明

  • 23 May, 2022
  • 王淑卿
米の新経済圏構想IPEFに台湾は入れず、外交部が遺憾を表明
新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み」(IPEF)を提唱しているアメリカのバイデン大統領。22日に日本を訪問。(写真:RT/達志映像TPG)

アメリカが主導する新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み」(IPEF、アイペフ)が発足時のメンバーに台湾を加えない方針を示していることについて、外交部の崔靜麟・副報道官は22日、遺憾を表明すると共に、引き続きIPEFへの参加を求めていくと表明しました。

アメリカのバイデン大統領が提唱するIPEFについて、アメリカのサリバン国家安全保障担当大統領補佐官は、台湾が発足時のメンバーにならないことを明らかにし、同時にアメリカが台湾との経済関係の強化を希望していることを強調しました。

これに対して、崔靜麟・副報道官は、「台湾は世界のサプライチェーンで重要な役割を担っており、絶対にIPEFに参加する資格を持っている。アメリカ議会の上下両院の超党派議員がこのところ、台湾のIPEF参加を支持する発言を行っており、アメリカのブリンケン国務長官も、IPEFの開放性と包容性を強調したことがある。台湾は将来、積極的に参加を求めていく」と強調しました。

崔靜麟・副報道官は、「サリバン補佐官の発言のように、台湾とアメリカは、双方の経済パートナーシップ関係を強化するシステムの構築を求めている。これは、サプライチェーンの強靭性、労働、環境、持続的発展などのテーマを含む将来を見据えたシステムであり、インド太平洋地域の経済・貿易環境に高い基準を確立するものであり、台湾がさらに一歩、地域経済統合に参加するための重要な原動力となるものだ」と指摘しました。

また、「現在、台湾とアメリカ双方の経済・貿易担当チームは、積極的な討論を行っているところだ。台湾の鄧振中・行政院政務委員とアメリカのタイ通商代表も、今後、数週間内に再度会見することを予定している。外交部は、台湾とアメリカの経済・貿易関係の将来に対して依然として楽観的に見ており、双方の経済・貿易関係が早く新しい段階に入ることを期待している」と語りました。

関連のメッセージ

本分類最新more