:::

国父紀念館、改修で2023年から3年間休館

  • 09 May, 2022
  • 王淑卿
国父紀念館、改修で2023年から3年間休館
台北市のランドマークの一つである「国父紀念館(中華民国の建国の父、孫文・博士のメモリアルホール)」が、改修のために来年2023年から3年間、休館する。工事の進捗状況は、インターネットを通じて見ることができるようになる。今回の改修は、この50年で初めての大規模な改修工事になる。(写真:RTI)

台北市のランドマークの一つである「国父紀念館」が、改修のために来年2023年から3年間、休館することになりました。国父記念館の王蘭生・館長は、行政院が承認した計画では、来年後半に工事が始まる予定だと発表しました。

国父紀念館は、中華民国の「建国の父」と呼ばれる孫文・博士を記念して建てられたものです。黄色の中華風の屋根が特徴で、台北市のランドマークの一つであるほか、敷地には庭園なども設けられ、市民の憩いの場となっており、また数々のイベント会場ともなっています。

本館の大ホールは、音楽や演劇の公演会場として使用されており、また長年、映画の金馬奨(ゴールデン・ホース・アワード)、テレビ・ラジオの金鐘奨(ゴールデン・ベル・アワード)、音楽の金曲奨(ゴールデン・メルディ―・アワード)など、各種の台湾を代表する賞の表彰式が行われる会場となっており、多くの台湾の人たちの思い出の場所となっています。

現在、公園の部分の改修工事が先行して進められており、今年年末に完成する予定です。ここで来年の元宵節(旧暦1月15日)のランタンフェスティバルが開催された後、来年後半に本館の改修工事に入る予定です。

なお、この工事の進捗状況や内部の状況については、インターネットを通じて誰でも見ることができるようになる予定で、現在準備が進められているところです。

関連のメッセージ

本分類最新more