:::

日本のメディア:台湾「安倍晋三友の会」発足へ

  • 05 May, 2022
  • 王淑卿
日本のメディア:台湾「安倍晋三友の会」発足へ
日本の産経新聞が5日、台湾では近く、「安倍晋三友の会」が発足すると報じている。これは台湾の元政府高官、著名な実業家、学者らが発起した民間組織。産経新聞によると、「安倍晋三友の会」は、安倍晋三元首相との交流を通じて日台間の友好関係をさらに深めたい狙い。将来的には、日本ですでに大きな影響力を持っている、日台交流団体「李登輝友の会」と同じように、日台関係の促進に寄与する。初代会長には、陳唐山・元外交部長(=元外相)が就任する予定。(写真:ロイター通信/達志影像TPG、矢板明夫氏局長のフェイスブックより)

日本の産経新聞が5日、台湾では近く、「安倍晋三友の会」が発足すると報じています。これは台湾の元政府高官、著名な実業家、学者らが発起した民間団体です。

産経新聞によりますと、「安倍晋三友の会」は、安倍晋三元首相との交流を通じて日台間の友好関係をさらに深めるのが目的です。将来的には、日本で大きな影響力を持っており、日台関係の促進に寄与している、日台交流団体「李登輝友の会」のような組織にしたいということです。初代会長には、陳唐山・元外交部長(=元外相)が就任する予定です。

陳唐山氏は、国家安全会議の秘書長、総統府の秘書長などの要職を歴任し、現在はシンクタンク「遠景基金会」の董事長(=会長)を務めています。陳唐山・董事長は、産経新聞の単独インタビューの中で、「安倍先生が首相在任中から台湾との関係促進のためにさまざまな形で尽力されたことは知られており、台湾には安倍ファンは非常に多い」と指摘。安倍氏が最近の講演で「台湾有事は日本有事」と述べたことに多くの台湾人が感動し「安倍晋三友の会」を作ろうという動きにつながったと説明しました。

台湾側はすでに「友の会」を発足させる意向を安倍氏に伝えており、了承を得たということです。

「友の会」には50人以上の学者、医師、企業家らが発起人、顧問として参加します。その中には、ノーベル化学賞を受賞した李遠哲・元中央研究院長、城仲模・元司法院副院長、台北市のランドマーク、世界有数の超高層ビル「台北101」の張学舜・運営会社会長、李世暉・台湾日本研究院理事長、羅福全・元駐日代表(大使)らが含まれています。

関連のメッセージ

本分類最新more