:::

台日安保フォーラム、安全と防衛への取り組みに焦点

  • 19 January, 2022
  • 中野理繪
台日安保フォーラム、安全と防衛への取り組みに焦点
台日関係をさらに強化するため、与党・民進党の王定宇・立法委員と日本の中山泰秀・前防衛副大臣が発起した「日台安全保障パートナーシップフォーラム」が18日、開かれた。(写真:RTI)

与党・民進党の王定宇・立法委員(=国会議員)が呼びかけた「日台安全保障パートナーシップフォーラム」が18日、開かれた。台湾側からは、先ほど議員として復活した林靜儀・立法委員と、外交および国防委員会のメンバーである趙天麟・立法委員も共に参加。日本側からは中山泰秀・前防衛副大臣、田畑裕明・総務副大臣がオンラインで参加した。フォーラムの中では何度も台日友好について話が出たほか、趙天麟・立法委員からは「日本関係法」と「台湾関係法」の制定を推進し、双方の協力とコミュニケーションの強化を提案した。中山泰秀・前防衛副大臣も、現在、自民党内の若い議員たちによるグループで関係する議題について討論が行われている。日台間もネットや航空宇宙分野、情報交流などの領域で協力を促進することができると応えた。

*****

台日関係をさらに強化するため、与党・民進党の王定宇・立法委員と日本の中山泰秀・前防衛副大臣が発起した「日台安全保障パートナーシップフォーラム」が18日、開かれました。

与党・民進党の王定宇・立法委員

「(双方の政党には)安全保障上の意思決定権を持つメンバーがおり、より多くの対話が可能だ。」

このフォーラムの発起人である民進党の王定宇・立法委員、外交および国防委員会のメンバーである趙天麟・立法委員、さらに議員として復活した林靜儀・立法委員が共に参加。日本側からは、中山泰秀・前防衛副大臣、田畑裕明・総務副大臣が感染予防のため、オンラインで参加しました。

趙天麟・立法委員

「台湾と日本がお互いに、『台湾関係法』および『日本関係法』を制定し、双方の関係を強化するべきだ。」

提案では、協力し、台湾海峡、インド太平洋、さらには東南アジアの安全と安定を維持するとし、日本側も前向きに反応しました。

中山泰秀・前防衛副大臣は

「台湾関係法について、(自民党の)若手議員も関係討論を行っている。例えばネット空間、電磁波そして宇宙領域まであらゆるニューフロンティアについても協力関係の強化を促進していくことができる」と語りました。

台湾と日本の交流は、枠組みの打破を目指し、従来とは異なる協力の可能性を投げかけています。

その前日、日本の林芳正・外務大臣が衆議院演説の際に、台湾海峡の平和と安定の重要性について語っています。

林芳正・外務大臣は、南シナ海の現状を変えようとする中国の一方的な行為は認めないとし、日本は冷静かつ毅然とした態度で対応するとしていますが、今年は日中国交正常化50周年という節目の年でもあり、日本と中国は共通の課題でも協力し、安定した日中関係を構築していくとしました。

(編集:中野理絵/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more