:::

海外長距離路線の旅客に到着後のPCR検査、1月11日から

  • 10 January, 2022
  • 早田健文
海外長距離路線の旅客に到着後のPCR検査、1月11日から
航空機による海外長距離路線の旅客が台湾に到着後、PCR検査を実施する。1月11日から実施。(写真:CNA)

台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」は10日、航空機による海外長距離路線の旅客が台湾に到着後、PCR検査を実施すると発表しました。

この検査は、航空機から降りた直後の旅客に対して実施され、陽性反応だった場合、直接、エアサイドから送り出されます。陰性反応の場合は、ランドサイドに入って通関手続きを行うことができます。これによって、空港内で感染者とそうでない人との隔離を徹底させます。この措置は、1月11日から実施されます。

現在、新型コロナウイルス・ワクチンの接種状況は、1回目の接種を終えた人は80.25%、2回目は70.86%、3回目は1.39%です。「中央感染状況指揮センター」では、3回目のワクチン接種率の向上を目指しています。

関連のメッセージ

本分類最新more