:::

台米日安全対話、蔡・総統「台湾は揺るがない」

  • 18 December, 2021
  • 曾輿婷
台米日安全対話、蔡・総統「台湾は揺るがない」
「2021台米日インド太平洋安全対話」が14日行われた。蔡英文・総統は講演で、中国による度重なる脅迫と外交的干渉に対して、「外からの圧力がどれほど大きいであろうと、我々が自由、人権、世界の民主社会に協力する努力と承諾を揺るがすことができない」と強調した。

「2021台米日インド太平洋安全対話」が14日行われた。蔡英文・総統は講演で、中国による度重なる脅迫と外交的干渉に対して、「外からの圧力がどれほど大きいであろうと、我々が自由、人権、世界の民主社会に協力する努力と承諾を揺るがすことができない」と強調した。

日本の安倍晋三元首相は事前に録画したビデオメッセージを通して参加し、台湾による国際組織参加を支持した。安倍前首相がこの程、「台湾有事は日本有事だ」と発言したことが中国に「内政への干渉だ」と指摘されたことに対して、日本の林芳正外務大臣は「正当な関心を表明すること自体がいわゆる内政干渉に当たるとは考えていない」と表した。岸信夫防衛大臣は「台湾は日本にとって、自由や民主主義、基本的人権、法治といった基本的価値観を共有する極めて重要なパートナーであり、また大切な友人でもある」と述べた。


「2021台米日インド太平洋安全対話」が14日行われました。蔡英文・総統は講演で、中国による脅迫と干渉に対して、台湾の立場を再度強調しました。

蔡・総統は「たとえ外からの圧力がどれほど大きいであろうと、我々が自由、人権、法治、世界の民主社会に協力する努力と承諾を揺るがすことができない」と表明しました。

日本の安倍晋三元首相が、事前に録画したビデオメッセージを通して参加し、台湾に対する支持を表しました。

安倍晋三元首相、「アメリカ、日本、その他の同じ志を持つ国は、台湾による国際組織への参加に協力すべき。特に世界保健機関(WHO)が極めて重要なのだ」

安倍元首相はこのほど、「台湾有事は日本有事だ」などと発言をしたことで、中国から「内政への干渉だ」と指摘されました。これに関して、日本の林芳正外務大臣と岸信夫防衛大臣が13日、立場を表明しました。

中国の軍事拡張に対して、台湾は民主と自由を通して、国際社会で同じ志を持つ友人を増やしています。

(編集:曾輿婷)

関連のメッセージ

本分類最新more