:::

仏・国民議会訪台団到着、外交部:台仏の緊密な友好関係の現れ

  • 15 December, 2021
  • 中野理繪
仏・国民議会訪台団到着、外交部:台仏の緊密な友好関係の現れ
フランス国民議会台湾友好グループのフランソワ・ドルジ主席が超党派議員5名と共に15日から台湾を訪問している。(写真:CNA)

フランス国民議会の台湾友好グループの主席を兼務する、フランソワ・ドルジ(Francois de Rugy)議員が15日から超党派議員5名と共に台湾を訪問しています。

ドルジ議員は、今年、議会で初めてフランス政府に対して台湾の国際機関への参加を支援するよう促す決議を推進し、可決させた。今回の訪問では、蔡英文・総統をはじめとする要人と意見交換を行い、二国間交流のさらなる促進を目指したいとしています。

フランソワ・ドルジ議員は、

「今回の訪問は、台湾とフランス、台湾とEU間の交流であり、経済的、文化面に関することを含むものとなることを期待している。」と述べました。

外交部は、ドルジ議員は長きにわたり台湾を支持し続けている。国民議会が11月に「台湾の国際機関及び多国間の枠組みへの参加」を支持する決議を可決したが、これは彼のリードによるものだと説明しました。

外交部の歐江安・報道官は、

「これは、フランス国民議会で台湾の決議案が通過した初の例であるだけでなく、さらにはフランス国会両院において、今年初めて通過した台湾友好決議の記録でもある。我々はフランスの国会で両院が共に台湾を支持する強い声を上げてくれたことを見た。これはフランスの台湾に対する高い友好度をあわらしている」と述べました。

今回の国民議会訪問団の訪台の前に、フランス元老院(上院)のアラン・リシャール(Alain Richard)議員が10月上旬に訪問団を率いて台湾を訪れました。外交部は、ヨーロッパの一つの国家の国会両院の議員が3か月のうちに相次いで訪台したのは、初めてだと語りました。

外交部によりますと、訪問団は、蔡英文・総統を表敬訪問し、蘇貞昌・行政院長、游錫堃・立法院長、吳釗燮・外交部長と面会する予定です。このほか、経済部、衛生福利部、大陸委員会、環境保護署などの各部のトップとの面会や、文化・経済施設の参観訪問も行いたいとしています。

(編集:中野理絵/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more