:::

バイデン大統領「台湾防衛発言」、外交部「台湾への約束遵守に感謝」

  • 22 October, 2021
  • 王淑卿
バイデン大統領「台湾防衛発言」、外交部「台湾への約束遵守に感謝」
アメリカのバイデン大統領(写真)が21日、テレビ局が企画した住民対話集会で、中国が台湾に侵攻する場合、台湾を守るかとの質問について「Yes」と答えた。外交部は22日、バイデン大統領が台湾に対する約束を重ねて表明したに感謝すると共に、わが国は今後も自己防衛能力の強化に努め、理念の近い国々との連携も強化していくとしている。(写真:AP通信/達志影像TPG)

アメリカのバイデン大統領が21日、テレビ局が企画した住民対話集会で、中国が台湾に侵攻する場合、台湾を守るかとの質問について「Yes」と答えたことについて、外交部は22日、バイデン大統領が台湾に対する約束を重ねて表明したに感謝すると共に、わが国は今後も自己防衛能力の強化に努め、理念の近い国々との連携も強化していくとしています。

外交部の欧江安・報道官は、「中国の軍拡と挑発行為に、アメリカをはじめ、多くの民主国家が警戒を高めている。わが国の政府は今後も自己防衛能力の強化に取り組み、台湾の民主的で自由な制度、国家の安全保障、人民の福祉の確保に全力を尽くす。それと同時に、我々は、アメリカなど理念の近い国々と連携を強化し、共に台湾海峡とインド太平洋地域の平和、安定、繁栄を促進するために努力する」と述べました。

一方、総統府の張惇涵・報道官も、バイデン大統領の態度表明について、バイデン大統領就任後、アメリカ政府は、常に具体的な行動で台湾に対するゆるぎない支持を表明していると説明しました。

張惇涵・報道官は、台湾は終始一貫した立場を示している。つまり、『圧力に屈せず、支持を得ても軽率な行動をとらない』。台湾は自らを守る決意を示しながら、理念の近い国々と共に、台湾海峡とインド太平洋地域の平和と安定のために善良な力を貢献するよう努力すると強調しました。

なお、アメリカ・ホワイトハウスの報道官も、『台湾関係法』に基づく、アメリカの対台湾政策と約束は変わらないと強調しています。

関連のメッセージ

本分類最新more