:::

米ハーバード大学×台大提携「ハーバード台北カレッジ」、2022年夏始動

  • 13 October, 2021
  • 中野理繪
米ハーバード大学×台大提携「ハーバード台北カレッジ」、2022年夏始動
教育部の潘文忠・部長は、立法院教育および文化委員会が行った教育部業務概況報告の際に、ハーバード大学が台湾に来て、台湾大学とこの中国語学習協力計画を提携することを歓迎するとコメントした。(写真:RTI)

アメリカのハーバード大学の日刊紙「ハーバードクリムゾン」の報道によりますと、夏季中国語研究プログラムは来年(2022年)、台湾の台湾大学(略称:台大)と提携して「ハーバード台北カレッジ」を設立するとのことです。

ハーバード大学の夏季中国語研究プログラムは有名で、これまでは北京語言大学と提携していましたが、“不親切さ”が増したことから、2022年からは台湾大学と提携し、名称も「ハーバード台北カレッジ」に改めます。

台湾大学によりますと、2019年からハーバード大学と、台湾大学で中国語を学ぶ学生を送る交渉を行っていて、当初は2020年から始める予定でしたが、新型コロナの影響によって2022年の夏から始めることとなりました。

台湾大学は12日、来年(2022年)の夏には60名のハーバード大生が台湾大学で8週間の中国語課程を受ける予定であると発表しました。

教育部(日本の文科省に類似)の潘文忠・部長(文部大臣)は13日、立法院教育および文化委員会が行った教育部業務概況報告の際に、ハーバード大学が台湾に来て、台湾大学とこの中国語学習協力計画を提携することを歓迎するとコメント、教育部が2021年から「優れた中国語(優華語)」プロジェクトを推し進めており、台湾の中国語教育能力を持つ大学と、欧米国家の優れた大学との連携を企画していると説明しました。

現在すでに、国立台湾大学、国立台湾師範大学、国立政治大学など台湾の大学10校と、アメリカの21の大学との提携が決定していて、そのうちの一つがハーバード大学との提携計画です。

潘文忠・部長は、台湾は学術の自由と民主主義の発展国であることを強調し、中国語を学びたいと希望する各国の学生を歓迎すると語りました。

潘文忠・部長は、

「中国語も将来の発展の流れの中で重要な言語である。台湾はこの面において最大の貢献をしたいと考えている。これらの提携大学と協力して台湾がバイリンガル国家政策を推進する上で最良のパートナーとなれるように、国際社会と協力していきたい」と述べました。

詳しい授業内容や教師などは現在計画中で、九份、金瓜石、故宮、士林夜市、陽明山などのスポットを訪問、あるいは書道体験、中国将棋、切り絵、餃子包みなどの文化体験活動を取り入れることも検討中とのことです。

台湾大学側は、台湾大学の自由な雰囲気の中で、ハーバード大学の優秀なの学生たちが中国語の基礎を固めると同時に、台湾大学の学生たちとの課外活動を通じて、台湾大学の学生の国際的な視野が広がることを期待しているとしました。

(編集:中野理絵/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more