:::

日本への医療物資、9/17日本へ

  • 17 September, 2021
  • 王淑卿
日本への医療物資、9/17日本へ
日本が複数回にわたって台湾に新型コロナワクチンを無償提供したことに謝意を表するため、台湾が日本に寄付した医療物資は17日日本に送られた。出発式には、台湾の対日本窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁・会長(中央)、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の泉裕泰代表(右)、行政院の唐鳳・政務委員(無任所大臣、左)が参加した。(写真:外交部提供)

日本が複数回にわたって台湾に新型コロナワクチンを無償提供したことに謝意を表するため、台湾の日本における大使館に相当する、台北駐日経済文化代表処の謝長廷・代表(=駐日大使)が16日、政府を代表して日本に血中酸素濃度計(パルスオキシメーター)1万台と酸素濃縮機1008台などの医療物資の目録を日本側の代表である、超党派議員連盟「日華議員懇談会」の古屋圭司会長に手渡しました。

これらの医療物資は17日午後、日本に送りました。出発式は17日午後、外交部で行われました。台湾の対日本窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁・会長、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の泉裕泰代表、行政院の唐鳳・政務委員(無任所大臣)が参加しました。

外交部は17日夜に発表したニュースリリースで、日本が複数回タイムリーに台湾に新型コロナワクチンを無償供与したことに感謝を表明、今回の医療物資の寄付を通じて台湾と日本の間の互いへの思いやりを「善の循環」にするよう願うとしています。

日本台湾交流協会台北事務所の泉裕泰代表は、あいさつの中で、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、台湾による医療物資の寄付は恵の雨のようなものだと感謝、今後、台湾と日本の間の「善意の循環」を通して双方が手を取り合って共に新型コロナがもたらす挑戦を乗り越えられるよう願うと述べました。

なお、謝長廷・代表は17日、埼玉県に向かい、台湾企業が日本に寄付したサージカルマスクを124万枚の寄贈式に参加しました。謝長廷・代表によりますと、124万は日本が初めて台湾に無償提供したワクチンの数です。台日が励ましあい、支えあう「善の循環」だと喜びました。

関連のメッセージ

本分類最新more