:::

在台日本人に優先接種、日本から無償提供の新型コロナ・ワクチン

  • 06 September, 2021
  • 早田健文
在台日本人に優先接種、日本から無償提供の新型コロナ・ワクチン
日本から新たに台湾に無償提供される新型コロナ・ワクチンは、台湾に在住する日本人が優先的な接種対象となる。(写真:中央感染状況指揮センターの実況中継から)

台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の陳時中・指揮官は、日本から新たに台湾に無償提供される新型コロナウイルス・ワクチンについて、台湾に在住する日本人を優先的に接種対象とすると発表しました。

陳時中・指揮官は次のように語っています。

陳時中・指揮官は、「台湾にいる日本人の友人の多くは、自分たちの国が台湾に贈ったものであるため、礼儀に基づいて多くが接種に来ていない。今回、贈られるワクチンについては、関係機関に名簿を作成してもらい、台湾に在住する日本人に優先的に接種してもらう」と語っています。

日本からは、これまでに台湾に対して、アストラゼネカの新型コロナウイルス・ワクチンが、3回にわたって合わせて334万回分、無償提供されています。

これに続いて、日本の茂木外相はこのほど、4回目のワクチン提供を行うことを発表しました。今回は台湾の他、タイとベトナムにも提供され、9月上旬に台湾に到着する予定です。ただし、提供される量については、確定していません。

これまで、日本から台湾に無償提供されたワクチンについて、台湾に在住する日本人に対して優先的な接種は行われていませんでした。

優先接種の対象となる台湾在住の日本人は、1万人程度だと推定されています。

なお、中央感染状況指揮センターは、台湾のワクチンメーカーの高端疫苗生物製剤(メディゲン・ワクチン・バイオロジクス)が生産した新型コロナウイルス・ワクチンについて、まだ21万回分が残っており、6日まで、予約なしに病院で接種できると発表しました。

関連のメッセージ

本分類最新more