:::

コロナワクチン予約接種、38歳以上市民144万人に開放

  • 27 July, 2021
  • 曾輿婷
コロナワクチン予約接種、38歳以上市民144万人に開放
台湾の新型コロナウイルスワクチンの接種予約システムは27日午前10時より、第4段階に当たる38歳以上の市民のワクチン接種の予約を受け付けている。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」はワクチンの接種資格のある市民に対してショートメッセージを送信する。第3段階でワクチン接種を受けていなかった人と、台風の影響で予約接種がキャンセルされた人を含めて、合計144万人は接種資格に符合している。(写真:CNA)

台湾の新型コロナウイルスワクチンの接種予約システムは27日午前10時より、第4段階に当たる38歳以上の市民のワクチン接種の予約を受け付けている。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」はワクチンの接種資格のある市民に対してショートメッセージを送信する。第3段階でワクチン接種を受けていなかった人と、台風の影響で予約接種がキャンセルされた人を含めて、合計144万人は接種資格に符合している。

指揮センターによると、27日午後1時時点で、接種資格のある市民は約138万747人、そのうち予約を完了した人数は72万2671万人、約52.34%を占めている。第4段階のワクチン接種の予約は、7月29日正午12時に締め切られる。接種希望者は、7月30日から8月6日までワクチン接種を受けられる。

そのほか、第5段階の新型コロナワクチン接種意向登録も、27日午後2時から受け付けている。第5段階に予約可能なワクチン種類には、国産のワクチンメーカー、高端疫苗生物製剤(メディゲン・ワクチン・バイオロジクス)が開発したワクチンが新たに追加され、20歳以上の市民のみ選択可能となる。

*****

台湾の新型コロナウイルスワクチンの接種予約システムは27日午前10時より、第4段階に当たる38歳以上の市民のワクチン接種の予約を受け付けています。

台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」によりますと、第3段階のワクチン予約接種対象者である、48歳以上の市民のうち、接種を受けた人は、わずか全体の84%です。指揮センターは27日午前10時から、接種資格のある市民に対してショートメッセージを送信しています。第3段階でショートメッセージを受け取ったもののワクチン接種を受けていなかった人と、台風の影響でワクチン接種の予約がキャンセルされた人を含めて、合計144万人は接種資格に符合しています。

指揮センターの陳時中・指揮官は、「今回ショートメッセージを送信する対象者は、144万人いる。そのうち、1983年12月31日前に生まれた人はおよそ118万人。基隆、宜蘭などの地域で、台風の影響により予約接種がキャンセルされた人はおよそ3400人。それから第3段階ですでにショートメッセージを受け取ったものの、ワクチン接種の予約をしていなかった人はおよそ25万人」と説明しました。

陳時中・指揮官によりますと、第4段階に提供するワクチンは、前回と同様、イギリスのアストラゼネカ製ワクチンのみ。ワクチン接種の予約は、7月29日正午12時に締め切られます。接種希望者は、7月30日から8月6日までワクチン接種を受けられます。

そのほか、第5段階の新型コロナワクチン接種意向登録は、27日午後2時から受け付けています。第5段階に予約可能なワクチン種類には、国産のワクチンメーカー、高端疫苗生物製剤(メディゲン・ワクチン・バイオロジクス)が開発したワクチンが新たに追加され、20歳以上の市民のみ選択可能となります。

(編集:曾輿婷/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more