台湾初のテレビ産業文化資産保存専門書、1/13出版

  • 14 January, 2021
  • 曾輿婷
台湾のテレビ産業の文化資産の保存を紹介する、初めての専門書『打開電視-看見台灣電視産業文化性資産(テレビをつけて:台湾テレビ産業の文化的資産と触れ合おう)』が出版され、13日に新刊書発表会が行われた。(写真:CNA)

台湾のテレビ産業の文化資産の保存を紹介する、初めての専門書『打開電視-看見台灣電視産業文化性資産(テレビをつけて:台湾テレビ産業の文化的資産と触れ合おう)』が出版され、13日に新刊書発表会が行われた。

文化部文化資産局は貴重な映像資料の長期保存の理念を広めるため、2018年から2020年までに「台湾テレビ産業文化的資産の価値査定および再利用鑑定プロジェクト」を実施、国立台南芸術大学に依頼し、台湾の公共メディア・中華テレビが保有している映像フィルムのデジタル化を行っていた。

さらにこのプロジェクトに基づいて、台湾テレビ産業の文化的資産の保存を紹介する専門書を制作した。この本は、台湾のテレビ産業の変遷を記録するだけではなく、台湾テレビ産業の文化的資産の保存において、重要な第一歩を踏み出したことをも象徴している。

*****

台湾のテレビ産業の文化的資産の保存を紹介する、初めての専門書『打開電視-看見台灣電視產業文化性資產(テレビをつけて:台湾テレビ産業の文化的資産と触れ合おう)』が出版され、13日に新刊書発表会が行われました。

台湾のテレビ産業は1962年に台湾テレビの放送開始から、およそ60年の歴史を持っています。台湾のテレビチャンネルの三本柱、台湾テレビ、中国テレビ、中華テレビを見てみますと、文化部の前身である、文化建設委員會の時代にかつて台湾テレビの映像と設備に対する点検と保存を行いましたが、台湾テレビの民営化に伴い一部が売られて売れてしまいました。中国テレビは、2001年の台風16号、ナーリー台風により、大半の映像設備と資産が浸水して使えなくなりました。中華テレビだけが、過去の撮影用機材、映像フィルム、テレビマガジンなどの資料をきれいに保存しており、ドラマ撮影に使っていた衣装までも、年代順に保管しています。

台湾の大公共メディアグループの陳郁秀・董事長は就任後、ただちに中華テレビの文化資産を視察し、その重要性を確かめました。その後、文化部文化資産局と国立台湾芸術大学に依頼して、中華テレビを中心にすべてのデータの整理とデジタル化を行っていました。そして13日に、台湾テレビ産業の文化的資産の保存を紹介する専門書を発表しました。

この専門書は、テレビ業界のベテランスタッフへのインタビューを通して、台湾のテレビ産業の発展をはじめ、文化的資産の整理、保存、修復を紹介し、最後はテレビの文化的資産の保存と再利用に対する提案を出しました。この一冊は、台湾のテレビ産業の文化的資産の保存を紹介する初めての専門書であり、台湾のテレビ業界の種類、範囲、そしてその価値を人々に紹介しています。

大公共メディアグループの陳郁秀・董事長は、「台湾テレビ、中国テレビ、中華テレビは、戒厳令の時代に、唯一台湾の政治、経済、社会、娯楽、生活などの情報を記録できるメディアだ。国民の生活と深くかかわっているデータを保存できる唯一のところだ。これらの資料を保存してからこそ、私たちが歩んできた道を知ることができる。それを基礎に、未来を発展させたら、これらのデーターはきっとより大きな役割を果たすことが出来るだろう。」と説明しました。

文化資産局の施國隆・局長によりますと、陳郁秀・董事長は文化建設委員会の主任委員を務めていた時期から、テレビ産業に文化資産の概念を導入しました。直近の文化資産保存法の改正の際も、映像と音声の資料は、文化的価値のある芸術作品として登録することが可能だという内容が盛り込まれました。今回の専門書の発表は、文化資産におけるテレビ産業の重要性を重視するよう喚起するためだということです。

施國隆・局長は、「中華テレビは、映像フィルムをはじめ、設備、撮影用衣装など、たくさんの資料を完全な形で保存している。これはテレビ局の発展の歴史を物語っている。非常に重要だ。中華テレビが早く博物館を作って、これらの文化財を展示するよう提案する。文化資産局はそれをサポートする」と約束しました。

施國隆・局長によりますと、文化資産局は今後、中華テレビが提出した資産に対して審査を行い、文化的価値のあるものとして登録したら、系統性のある保存とメンテナンスを行うことができるということです。

陳郁秀・董事長によりますと、中華テレビはすでに一部の文化的資産を再利用しています。例えば、撮影用衣装のレンタル、過去の映像を無料動画投稿サイト、Youtubeにアップロードしたことなどです。今後は更なる価値を創出することが期待されています。

(編集:曽輿婷/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more