921大地震から21年、9/21緊急速報メール配信

  • 22 September, 2020
  • 曾輿婷
今年は921大地震から21年。中央気象局は21日午前9時21分に全国の4Gスマートフォン使用者に国家レベルの緊急警報(緊急速報メール)を配信、午前10時から10時10分に空襲警報システムを使って、津波警報も配信した。(写真:内政部のフェイスブックより)

1999年9月21日に、台湾中部・南投県集集鎮を震源とした、マグニチュード7.3の地震「921大地震」が発生してから21年、台湾では21日午前7時54分に再び地震が発生しました。

中央気象局によりますと、地震はマグニチュード4.6、震源地は南東部の海域で、震源の深さはおよそ16.8キロです。離島・蘭嶼では震度4が観測され、大きな揺れを感じました。台湾各地に被害はありませんでした。

なお、9月21日は、921大地震に因んだ「国家防災の日」にあたり、中央気象局は21日午前9時21分に全国の4Gスマートフォン使用者に国家レベルの緊急警報を配信し、午前10時から10時10分に空襲警報システムを使って、津波警報も配信しました。

さらに、10時59分から11時1分の間、各ケーブルテレビが自動的に台湾の公共放送、公共テレビに切り替えられ、災害予防情報の試験放送が行われました。

中央気象局地震測報センターの陳国昌・主任は、「ここ数年に国家通信伝播委員会(NCC)と各通信会社が改良を重ねたため、ほとんどの人は、緊急警報のお知らせを受信できただろう」と話しました。

1999年9月21日午前1時47分に、台湾中部・南投県集集鎮を震源としたマグニチュード7.3の地震、「921大地震(台湾大地震、台湾中部大地震などとも呼ばれる)」では、死者2378人、負傷者8722人が出、20世紀台湾で発生した最大規模の地震といわれています。「国家防災の日」は、国民の防災意識と国家の防災能力を高める目的で設けられました。日頃から防災意識を持ってこそ、災害時に命が助かるでしょう。

(編集:曽輿婷/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more