米厚生長官9日訪台、1979年断交以来最高位の高官

  • 07 August, 2020
  • 王淑卿
アメリカ保健福祉省のアレックス・アザー(Alex Azar)長官(右、写真:AFP)

アメリカ保健福祉省のアレックス・アザー(Alex Azar)長官が9日に台湾を訪問します。外交部によりますと、アメリカの厚生長官が台湾を訪問するのは初めてです。そして2014年以来、アメリカが閣僚を台湾に派遣するのも初めてです。アレックス・アザー保健福祉長官は、1979年両国の国交断絶以来、台湾を訪問する最高位の閣僚になります。

滞在期間中、アザー保健福祉長官は、蔡英文・総統を表敬訪問するほか、外交部、衛生福利部などの省庁も訪れます。そして台湾の専門家との座談会や台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」での短いスピーチも予定しています。

同センターの荘人祥・報道官によりますと、アザー保健福祉長官一行は、台湾に3日間滞在する予定です。出発前、搭乗日から3営業日以内のPCR検査陰性報告を呈示する必要があるほか、入国後、空港でのウイルス検査も受けなければなりません。

一行が泊まる防疫ホテルについて、荘・報道官は、「すでに専門家を派遣して先に用意してもらった。独立のフロア使用や専用のエレベーターなどの防疫措置を徹底するようホテル側に伝えた」と説明しました。

荘・報道官は、新型コロナウイルスに感染する疑いなどの突発的な事態があれば、その人員を隔離、観察すると述べました。アメリカの訪問団の人数や泊まるホテルについて、それは外交事務の範疇に属するため、指揮センターはそれについて説明することが出来ないとしてコメントを控えました。

アメリカの対台湾窓口機関、アメリカ在台湾協会(AIT)は、「トランプ大統領は2018年に『台湾旅行法』に署名した。その目的は、アメリカの高官を台湾に派遣することにある。それによって台米間の友好関係、共通利益への追求、アメリカ、台湾、および全世界の民主国家を結ぶ共通の価値観を重ねて強調するためだ。今回の訪台は、このアメリカの政策の一環である」と説明しました。

「台湾旅行法」は、アメリカと中華民国台湾の高級官僚の相互訪問を促進するアメリカの法律です。

https://jp.rti.org.tw/news/view/id/92720

米厚生長官近く訪台、1979年以来最高位の高官

関連のメッセージ

本分類最新more