台湾、日本をコロナ感染リスク中低国家から除外

  • 07 August, 2020
  • 王淑卿
日本の大阪駅のサラリーマンたち(ロイター通信/達志影像TPG)

台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」が5日に行われた定例記者会で、日本を新型コロナウイルスの感染リスクが中低レベルの国家のリストから除外すると明らかにしました。

同センターは、日本における新型コロナウイルスの感染者数が増加を見せ、最近、一日当たりの新規感染者数が1000人を超え、しかも感染者が、台湾と密接に往来している都市に集中しているため、5日から日本を、感染リスクの中低レベルの国・地域から除外すると説明しました。

5日から外国人が日本から入国する場合、いずれも搭乗日から3営業日以内のPCR検査陰性報告を呈示する必要があるほか、入国後、14日間の在宅検疫を行うことが義務付けられています。在宅検疫とは、居住先、または検疫ホテルに隔離され、外出が禁止されていることです。

なお、感染リスクの低い国・地域は、次の通りです。

ニュージーランド、マカオ、パラオ、フィジー、ブルネイ、ベトナム、タイ、モンゴル、ブータン、ラオス、カンボジア、ミャンマー。

感染リスクが中低レベルの国・地域は次の通りです。

韓国、マレーシア、シンガポール、スリランカ。

関連のメッセージ

本分類最新more