米厚生長官近く訪台、1979年以来最高位の高官

  • 05 August, 2020
  • 王淑卿
アメリカ保健福祉省のアレックス・アザー(Alex Azar)保健福祉長官(写真:米保健福祉省サイトより)

アメリカ保健福祉省のアレックス・アザー(Alex Azar)保健福祉長官が台湾を訪問します。外交部によりますと、2014年以来、アメリカが閣僚を台湾に派遣するのは初めてです。アレックス・アザー保健福祉長官は、1979年以降、台湾を訪問する最高位の閣僚になります。

アザー保健福祉長官は、台湾にとって長きに渡る友人の存在です。就任後、台湾による世界保健機関(WHO)とその関連活動への参加に常に支持を表明しており、世界保健機関の年次総会である世界保健総会(WHA)と関連の国際会合で具体的な行動で台湾による世界的な衛生関連事務への参与を支持しています。新型コロナウイルスの流行期間中も複数回公の場で、世界的な防疫ネットワークにおける「台湾モデル」の貢献を評価しました。外交部はアレックス・アザー保健福祉長官の支持に深謝しています。

アレックス・アザー保健福祉長官の訪台について外交部の欧江安・報道官は、近年、台湾とアメリカの努力により、双方の信頼関係が強固な基礎を築き上げた。意思疎通もスムーズに行われているとした上で、アザー保健福祉長官の訪台は、アメリカの台湾への支持と台米関係の緊密、且つ友好を示していると述べました。

アレックス・アザー保健福祉長官は、蔡英文・総統を表敬訪問するほか、台湾の公衆衛生分野の高官、新型コロナウイルスの防止に取り組んでいる医療関係者らも訪問します。

アメリカの対台湾窓口機関、アメリカ在台湾協会(AIT)は、トランプ大統領は2018年に「台湾旅行法」に署名した。その目的は、アメリカの高官を台湾に派遣することにある。それによって台米間の友好関係、共通利益への追求、アメリカ、台湾、および全世界の民主国家を結ぶ共通の価値観を重ねて強調するためだ。今回の訪台は、このアメリカの政策の一環であると説明しました。

「台湾旅行法」は、アメリカと中華民国台湾の高級官僚の相互訪問を促進するアメリカの法律です。

関連のメッセージ

本分類最新more