:::

食薬署:状況に合わせ、布マスクの使用も推奨

  • 16 April, 2020
  • 王淑卿
食薬署:状況に合わせ、布マスクの使用も推奨
市販されている一部の布マスクも飛沫を阻止する効果がある。(写真:CNA)

皆さん、こんにちは、長庚大学呼吸治療学科の萬國華です。

呼吸器症状がある方、慢性疾患のある方、病院に出入りする必要のある皆さんは必ず「サージカルマスク」を着用してください。防疫期間中、健康な方は風通しのいい環境や開放空間で、人と話をするときに1m以上の距離を保つことができれば、マスクをする必要はありません。

心配であれば「布マスク」の使用もいいでしょう。衛生福利部食品薬物管理署(略称:食薬署)の調べで、市販されている一部の布マスクも飛沫を阻止する効果があることがわかりましたので、選択肢の一つです。

なお、布マスクを選ぶときのポイントは、

1. マスクは少なくとも3層構造のもの

2. 一番外側はきめ細かい素材、中間層は不織布素材、内側は柔らかく通気性の良いものです。

サージカルマスクは必要な人へ残し、健康な人は自分がいる環境によって、マスクをしない、あるいは布マスクを利用するといった選択をしてください。

(編集:中野理絵/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more