台南、野良犬たちの活路を見出す取り組み

  • 07 November, 2019
  • 王淑卿
台南市は「犬の職業訓練および雇用相談センター」を設立。野良犬の訓練強化、里親募集、犬の仕事探しなど、野良犬の活路開拓に積極的に取り組んでいる。

野良犬の活路を見出そう!台南市は「犬の職業訓練および雇用相談センター」を設立。野良犬の訓練強化、里親募集、犬の仕事探しなど、野良犬の活路開拓に積極的に取り組んでいる。現在既に警察犬、学校犬、地域犬などといった次世代の仕事をしている犬もいる。年間平均1,000匹を超える野良犬のマッチングに成功している。収容所のひっ迫を軽減させることもできる独特な方法によって支持を得ている。

※ ※ ※ ※ ※ ※

派出所の所長が「妞妞(ニューニュー)」を連れてエリアをパトロールしています。「妞妞」がここに来てから警察官の良きパートナーとなり、現地の子供たちもとても仲良しです。

渓美派出所の梁聡識・所長代理「この子は妞妞だよ」

“警察犬”が妞妞の新たな仕事となりました。

元々この子もこれらの収容所にいる犬たちと同じで毎日ひきこもっていましたが、訓練士が来て以降、日々気になる変化が表れ始めました。

基本の号令、動作、すぐに出来ました。どの犬もそれぞれに個性や長所があります。

善化動物の家の訓練士、黄連発さんは、「こういった簡単な動作であれば大体半月の訓練で覚える」と語りました。

台南市推奨の犬の仕事マッチングは既に始めてから一定の期間が経過しています。今年はさらに新しく「犬の職業訓練および雇用相談センター」を設立。訓練を強化し、積極的に犬の活路を見出します。年間平均1,000匹以上を媒介できます。

台南動物保護処の張佳玲組長(部長)は、「例えば、花業者の彼には“花守り”犬を勧めた。彼の花を守りに行く。」と説明しました。

現在、警察犬、花守り犬、コミュニティーのサービス犬、学校犬などなど、次世代の仕事を行う犬がいます。動物保護政策とも合わせ、野良犬を管理することで、収容所のひっ迫を軽減し、野良犬を人と共に生まれ変わらせることができ、共にいい効果があります。

(編集:中野理絵/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more