:::

金曲奨国際音楽祭2019、6/26に開幕

  • 29 June, 2019
  • 林蕙如
金曲奨国際音楽祭2019、6/26に開幕
今年の「GMA国際音楽祭2019」は、日本、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、スウェーデン、モンゴルといった国々からのアーティストが参加に駆けつけた。(写真:RTI)

6月29日に行われる台湾のレコード大賞、ゴールデンメロディーアワード(金曲奨)の授賞式に先駆け、26日から29日まで、先行イベント「GMA国際音楽祭」が開催されています。国際セミナーや講座、ビジネス交流会、コンサートなど様々なイベントが行われ、世界中の音楽産業関係者やキュレーターが参加し、情報交換と経験の交流を行っています。

台湾の若手アーティストたちもこのイベントに参加。今回、最優秀中国語アルバム賞や、最優秀新人賞などの6部門にノミネートされたOZIは、まだ20代前半の若さで、人気R&B歌手として注目を集めています。初参加のため、OZIは緊張しながらもわくわくしています。

OZIは、「やはりちょっと緊張するね。初参加だから、何か起こるか、まったく予想できない」と話しました。

独特な歌声を持っているKarenciciは所属レコード会社の秘密兵器と言われています。昨年の7月に韓国で初めてのEPをリリースしたことで歌手デビューした彼女も、最優秀新人賞にノミネートされました。

Karenciciは、「今年の最優秀新人賞では、いろいろなタイプの新人がノミネートされた。それぞれ曲のスタイルが違うから、優劣をつけるのは難しいと思う。皆それぞれ違う優勢を持っているから」とコメントしました。

海外のアーティストも音楽祭に駆けつけてきました。例えば、モンゴルのRap歌手GinjinやスウェーデンのバンドRoyal Prospect、K-POP歌手RICO、
そして、日本のバンド、雨のパレードがいます。今回のイベントを楽しみにしているそうです。

雨のパレードのメンバーたちは、「自分たちも少し驚いていて、まさかこういう場が設けられてるとは、思いもしなかったね。そわそわしている。」と話しました。

文化部の映画テレビ及び流行音楽産業局の徐宜君・局長は、「GMA国際音楽祭」はもう、1つのブランドとして確立されたので、このプラットフォームを通じて、台湾と世界の音楽フェスティバルと双方向の交流チャンスをより多く作り、台湾の優秀な人材が国際の舞台に上がることを手伝い、新しい台湾ブームを巻き起こすようと意気込みました。

(編集:林蕙如/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more