人人人!旧暦大晦日の台北南門市場

  • 05 February, 2019
  • 王淑卿
築36年の南門市場は近く改築される。南門市場に入居している店は9月に移転する。今年はこの古いビルで営業する最後の旧正月。消費者はみなこの最後の機会を利用して南門市場で年越し料理などを調達している。(写真:CNA)

きょう三回も来ましたよ

南門市場に一日三回も来たのはいいお正月を迎えるためです。

何を買ったでしょうか

干し豚肉、ナッツなど、みな美味しいです。

旧正月期間中、スナック菓子は欠かせません。一家団欒して食べる年越し料理もお粗末してはいけません。旧暦の大晦日の南門市場は人でごった返しています。旧正月前の最後の営業日に爆買する人も少なくありません。

消費者「豚肉の醤油煮などを買う。お料理を作る時間をかなり節約できる。仕事で忙しくしている。きのうまでは忙しかった。温めるとすぐ食べられるものがほとんど。」

老舗は年越し料理をテイクアウトする人で賑わっています。

お餅の店も人でいっぱいになっています。

店の人「旧正月は一家団欒と幸せを象徴する甘いものが売れている。」

消費者「お餅、単品料理、干し豚肉など、旧正月前の最後の営業日を利用して調達している。」

旧正月前の最後の営業日に割引を出す店もあります。

甘くないお餅は二つ買うと一つおまけとして贈ります。

甘いお餅は大きいものを買うと、小さいものをプレゼントします。

築36年の南門市場は近く改築されます。南門市場に入居している店は9月に移転します。きょうはこの古いビルで営業する最後の旧暦大晦日です。消費者はみなこの最後の機会を利用して南門市場で買い物を楽しんでいます。

関連のメッセージ

本分類最新more