雲林林内の落羽松とコスモスが見頃

  • 02 January, 2019
  • 曾輿婷
雲林県林内郷(台湾中部)では、ラクウショウの紅葉も見頃を迎えた。さらに去年新たに作った、5ヘクタールのコスモス畑が3分咲きになり、エキゾチックな雰囲気で多くの観光客を引き寄せている。

ピンク、桃色、白い…12月29日から始まる年末年始の4連休に、コスモス畑は数多くの観光客を寄せ付けています。

コスモス畑は、雲林県林内郷のラクウショウ林の外にあります。ラクウショウの紅葉の季節に合わせて、エキゾチックな雰囲気が感じられます。近くには更にイヌマキの並ぶ道があります。

雲林県の北にある、南投県の渓頭森林遊楽区では、10キロの渋滞が発生していました。いっそ車を降りて、歩いて区内に入る人もいました。

区内には、遊び場やステージショー、レストランも揃えているため、年越しの人気スポットになりました。お店によりますと、観光客の増加で、4日間で売上高は普段より20%も成長したそうです。

「平均一日に8千人が訪れる。4日間で合計観光客数がおよそ3万人もいる」

南投県のもう一箇所の人気観光スポット、清境農場では、渋滞が発生していませんが、車のスピードが低下していました。

関連のメッセージ

本分類最新more