蔡英文氏「TIMEに台湾を理解してほしい」

  • 20 June, 2015
  • Editor
「TIME」アジア版最新号の表紙

次期総統選挙に出馬する、最大野党・民進党の公認候補、蔡英文・主席が20日、自身のフェイスブックで、米ニュース雑誌「TIME」の単独インタビューを受けた際のプロセスを説明、「彼らはこのほどの取材を通じて私に対する理解を深めたのみならず、台湾、この土地の豊かさと美しさ、さらに台湾の人々の努力精神も目にとめてもらいたい。」と感想を述べた。29日に出版される「TIME」誌アジア版の最新号では、蔡・主席の単独インタビューが掲載されるだけでなく、表紙も蔡・主席の写真となる。

蔡・主席によると、5月中旬、「TIME」の取材班は蔡・主席と共に、台湾南部の高雄に行き、アジア新湾区の建設を参観、台湾の国際化における台湾南部の位置づけを新たにし、南北の発展の均衡化を図ろうとする民進党のビジョンに対する理解を深めた。その後、一行は離島の澎湖に向かい、現地の産業発展が直面している挑戦と希望を肌で感じたという。

蔡・主席は、このほどの単独インタビューのため、「TIME」の取材班は自身とともに、台湾各地を訪れたため、「この土地の豊かさと美しさ、台湾の人々の努力精神にもぜひ注目してもらいたい。」と期待した。

関連のメッセージ

本分類最新more