close
Rti台湾国際放送公式アプリをインストール
開く
:::

台湾で43,000人が医療の事前指示を決断

  • 24 January, 2023
  • 王淑卿
台湾で43,000人が医療の事前指示を決断
患者自主権利法が2019年1月6日に施行されてから4年目を迎え、衛生福利部(日本の厚労省に類似)が記者会見を開いて成果を説明した。現在、医療の事前指示書への署名は4万人を超えており、今年は6万人を目標に掲げているという。(写真:RTI)

患者自主権利法が2019年1月6日に施行されてから4年目を迎え、衛生福利部の石崇良・次長は、国民の生と死に対する議論は徐々にオープンになってきている。医療の事前指示書(AD:アドバンス・ディレクティブ)」への署名は、子どもや家族が私たちのために、最終的な決断をすることを防ぐためのものだ。現在、医療の事前指示書への署名は4万人を超えており、今年は6万人を目標に掲げていると明らかにしました。

石・次長はまた、新型コロナウイルスが流行している間、オンライン診療が広く利用された。多くの医療機関は現在、ビデオチャット方式で医療の事前指示のためのサービスを提供しており、人々はオンラインで相談することができる。 衛生福利部はさらに電子署名のテストを行っており、将来的に事前指示のプロセスは全てオンラインで行われることが期待されていると述べています。

(編集:本村大資/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more