:::

蔡・総統、兵役義務の一年間延長を発表

  • 27 December, 2022
  • 王淑卿
蔡・総統、兵役義務の一年間延長を発表
蔡英文・総統(写真)が27日午後、記者会見を開き、台湾における兵役義務期間を2024年から1年に延長される決定を発表した。対象は2005年 1 月 1 日以降に生まれた男性。二等兵の給与を例にとってみると、月給は最低賃金より高い、2万6,307元(約11万日本円)になる見通し、その中には保険料と食費が含まれる。(写真:蔡英文・総統のフェイスブックより)

蔡英文・総統が27日午後、記者会見を開き、台湾における兵役義務期間を2024年から1年に延長される決定を発表しました。対象は2005年 1 月 1 日以降に生まれた男性です。二等兵の給与を例にとってみますと、月給は最低賃金より高い、2万6,307元(約11万日本円)になる見通し、その中には保険料と食費が含まれます。

蔡・総統は記者会見の中で、兵役義務の延長はアメリカ側からの圧力を受けておらず、政権交代が行われても継続すると述べ、台湾が強くなれば戦場にはならないと強調しました。蔡・総統はまた、義務兵役の延長は台湾の存続を図るためのもので、避けられないと、理解を求めました。

蔡・総統によりますと、将来の国防体系は四つの部分に分かれます。この四つの部分とは、「徴兵制と志願兵制の同時実施」、「志願兵を主とする主な戦闘部隊」、「義務兵役を主とする守備部隊」、「民間の力を結集する現役と予備役の一体化」です。

なお、兵役義務のある男性の進学、または職場への参入が、兵役義務の影響を受けないようにするため、将来的には大学4年間に兵役義務と勉強を一緒にクリアできる方法が採用される見込みです。

関連のメッセージ

本分類最新more