:::

米が中国の侵略行為に反対、外交部:権威主義の脅迫に共に向き合う

  • 15 November, 2022
  • 王淑卿
米が中国の侵略行為に反対、外交部:権威主義の脅迫に共に向き合う
バイデン大統領は14日の米中首脳会談で、台湾海峡の現状の一方的な変更に反対、外交部は今後も安全保障方面における台米のパートナーシップを深化させ、近い理念を持つ国々と緊密に連携し、権威主義体制による脅迫に対抗していきたいとしている。(写真:RTI)

アメリカのバイデン大統領と中国の指導者である習近平氏による米中首脳会談が14日、インドネシアのバリ島で行われました。これはバイデン政権発足後、双方が行う初めての対面式会談でした。

ホワイトハウスが発表したニュースリリースによりますと、バイデン大統領はこの会談で、アメリカの「一つの中国政策」に変わりがないこと、アメリカは台湾海峡の現状の一方的な変更に反対すること、台湾海峡の平和と安定の維持は世界の利益に合致することなどを訴えたと同時に、中国が台湾に対する脅迫や侵略的な行為を繰り返すこと、台湾海峡の平和と安定を破壊し、地域の安定や世界の繁栄に危害を加えることにも反対すると伝えました。

外交部は15日、バイデン大統領が中国の指導者との会談を通して、台湾海峡の平和と安定の維持に対するアメリカの揺るぎない支持と、台湾の安全保障に対するアメリカの立場を改めて公言したことを歓迎するとともに深く感謝しました。外交部は、台湾は、アメリカなど理念の近い国々との連携を強化し、共に権威主義体制に対抗していくとしました。

欧江安・報道官は、台湾は、インド太平洋地域における民主陣営の責任ある一員である。権威主義が公然と国際秩序に挑戦しようとするこの重要なタイミングにおいて、積極的に自己防衛能力を強化し、安全保障方面における台米のパートナーシップを深化させたい。また、近い理念を持つ国々と緊密に連携し、権威主義体制による脅迫に対抗して、台湾海峡の平和と安定及び自由で開かれたインド太平洋地域の繁栄を維持し、ルールに基づく国際秩序を守っていきたいと考えている。」と述べました。

外交部によりますと、バイデン政権は発足以来、台湾の安全保障に対するアメリカのコミットメントが「盤石」であることを繰り返し強調してきました。とりわけ今年8月以降、さまざまな国際的な場面において単独の声明、あるいは近い理念を持つ国々との共同声明を通して、台湾海峡の平和と安定維持という国際社会が持つ共通の立場を示してきました。今月13日に行われた米豪首脳会談や日米韓首脳会談などでも、アメリカは台湾海峡の平和と安定を維持することの重要性を改めて示したばかりだということです。

関連のメッセージ

本分類最新more